健康

しもやけの治療法とは?改善方法と予防するための対策

投稿日:

simoyake2

しもやけになると膨れて硬くなったり、痒くなったり。
また、熱くなるような感覚を覚えることも。

しもやけは、体質によるものが大きいと言われていますが、皮膚表面の温度と一日の気温差が大きく関係しています。

しもやけは寒い地域の方がなるものだという認識が強いですが、体質と気温差が大きくなれば比較的暖かい地域にお住まいの方でもできてしまいます。

そんなしもやけの治療法とはどういったものなのか、またしもやけを改善する方法と予防するための対策についても紹介します。

しもやけの治療法


しもやけの治療法ですが、まだ症状が軽いうちであれば、暖めてマッサージしておくとよくなっていくようです。

滞ってしまっている血流をスムーズに流してあげることが大事なので、根気よくクリーム等をつけてマッサージをするようにし、血流を良くしましょう。

しもやけは秋から冬にかけての急激な気温の低下に肌がついていけなくなった症状です。

なので最大の治療法は暖めながらのマッサージすることになります。

しかし、しもやけが悪化してしまった場合の最大の治療法は、やはり皮膚科で診てもらい、適切な治療を受けることがおすすめです。

血流を良くするためのビタミン剤が処方されることが多く、あわせてかゆみや痛みを抑える塗り薬を処方されますので、悪化してしまったら迷わず皮膚科に行きましょう。

しもやけを改善するには


しもやけになってしまい、それを改善するには、血流を活発にしていくことでかなり症状が軽くなります。

スポンサードリンク

そのためにはしもやけの部分をマッサージすること重要です。

しもやけを改善させるためには、食生活もかなり重要になってきます。

血流が活発になるように血液をサラサラと流してくれる効果のあるビタミンEを積極的に摂取し、マッサージをするようにすれば、しもやけはかなり改善されます。

また、水仕事はしもやけにとって大敵です。

水仕事を行う場合には、冷たい水がしもやけにかかって、さらに悪化させないためにしっかりと保護することも改善につながります。

しもやけを改善するには、血流を活発にしていくことが重要なので、デスクワークが多い方は、軽い運動も改善に役立ちます。

運動を日常的に行うことによって、血流が滞ってしまうのを防いでくれます。

しもやけは症状が軽ければ、血流を活発にするだけでかなり改善できます。

しもやけを予防するための対策


しもやけが出来ないように予防するための対策として一番大事なのは、体を冷やさないことです。

しもやけは体が冷えてしまうことで起こりやすくなるからです。

また血行が寒さで悪くなってしまったことでも起こります。

しもやけを予防するための対策は、服装に注意し体の体温を下げないことです。

耳や手などしもやけができやすい所には、手袋や耳あてなどをして対策しましょう。

そして注意しなければいけないのが靴なのです。

靴が窮屈だとしもやけになりやすいだけでなく、悪化させてしまいます。

そして足にしもやけができた方が冷やさないようにと靴下を2枚重ねで履くという方法は、窮屈な状態を作り逆効果になってしまいます。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

tomatojuice

リコピンによる副作用とおすすめのトマトジュースのタイプ

リコピンは活性酸素を除去する抗酸化力が強いのが特徴の赤色の色素です。 ですから、赤い食べ物にはかなりの確率で含まれています。 その代表なのがトマトですね。 ほかにも美白効果やダイエット効果、最近では花 …

haburasi1

歯周病と正しい歯磨きの方法と歯磨きはいつがいいの?

歯周病の一番の対策は歯磨きです。 毎日磨いているから大丈夫と安心してはいけません。 正しい歯磨きをしていなければ磨いていても歯周病予防にはならないのです。 そこで、歯周病を防ぐには正しい歯磨きの方法が …

hie2

男性の末端冷え性は重篤な病気を引き起こすかも 改善方法とは?

男性で末端冷え性に悩む方が増えてきています。 末端冷え性という症状は、比較的女性に多く見られるのですが、最近では男性に増えてきていて、女性とは違う特徴があります。 男性の末端冷え性の場合、生活習慣病へ …

noro3

子供がノロウィルスに罹ったらどうする?食事と対策

子供がノロウィルスになると大人と違い、重症化してしまう危険性があります。 子供がノロウィルスになっても特効薬はありませんので、どうしたらよいのでしょうか?また、ならないようにするにはどうしたらよいので …

ha1

歯周病対策には歯ブラシ選びと定期的に歯科医で点検してもらう

歯周病対策として当たり前のように毎日歯磨きをしているにもかかわらず、歯周病になってしまう方が大半です。 なぜ毎日ちゃんと磨いていたのに歯周病になってしまったのでしょうか。 そこで、歯周病対策には歯ブラ …