健康

体がかゆいのはダニのせいかも?刺されないための対策方法

投稿日:

0223karadakayui

体がかゆいのはダニのせいかもしれません。

ダニに刺されるとかゆいだけではなく、ひどい腫れが起こることもあります。

また、間違った対処の仕方をすると、その症状が長引くことがあります。

そこで、ダニに刺されたらどうすればよいのかとダニ刺されないための対策方法について紹介します。

ダニに刺されたら


体がかゆいのはダニに刺されたかもしれません。

ダニに刺されるとかゆいだけではなく、腫れたりすることもありますし、間違った対処をすると、その症状がかえって長引いてしまうこともあります。

どんな家の中にもダニは必ずいます。

しかも、季節を問わず一年中います。

ただ、家の中で私たちを刺すダニは生存する時期が決まっています。

ツメダニという種類のダニで、繁殖時期が6月から9月なので、この時期を中心に注意しましょう。

刺されると赤い腫れと強いかゆみを引き起こします。

たいていは寝ているときに刺されます。

ダニに刺されたら、かかないようにすることが大事です。

ダニに刺されたら、すぐにステロイド系の虫さされの薬が効果的です。

ステロイド系の虫さされの薬は、かゆみ抑える効果が高く、ダニのかゆみに対してももちろん効果があります。

ドラッグストアなどで、簡単に手に入れることができます。

スポンサードリンク

刺されないための対策 ダニ取りマット


体がかゆいのはダニのせいだとすると、刺されないための対策、ダニを退治するのにもっとも簡単なのは、ダニ取りマットやダニ取りシートというものを使うことです。

掃除機をかけることが面倒くさいと思う方にもぴったりです。

使い方も簡単です。

家の中にいるダニは、明るいところが苦手なので、ダニ取りマットやダニ取りシートを布団やマットレス、カーペットなどの下にセットして使います。

ダニの好む暗い環境をつくることが大切です。

マットの有効期間はものによって違いますが、だいたい3ヶ月から6ヶ月くらいのものが多いようです。

ダニが好む香りと誘因物質が入っていますが、人が不快に感じるほどの強いニオイはしません。

使用したあとのマットは家庭用のごみとして捨てることができますから簡単です。

刺されないための対策 布団乾燥機


体がかゆいのはダニが原因とすれば、刺されないための対策として布団乾燥機を使うという方法もあります。

使い方にはコツがあります。

初夏から秋にかけてのダニの繁殖期には、すくなくとも1週間に一度は布団乾燥機を使いましょう。

布団乾燥機は、場所ばかりとって高いというイメージを持っておられる方もいるかもしれませんが、最近はコンパクトで高性能のものも出ています。

確実にダニを退治するにはアルミ保湿シートをつかうことをおすすめします。

アルミ保湿シートは100円均一でも売っているレジャーシートで十分です。

これを2枚用意して、ベットマットと掛け布団をサンドイッチのようにしてはさみます。

これによって布団乾燥機の熱が外に出ないので、ダニの退治が効果的となります。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Generic

ジェネリックって?勘違いされる意味とジェネリック医薬品の魅力

ジェネリックという言葉を聞くと、みなさんは何を思い浮かべるのでしょうか? 多くの方が医薬品ではないでしょうか? これはテレビコマーシャルなどメディアの影響が大きくて、そう思われている方がとても多いです …

noro2

ノロウィルスの予防法と薬 二次感染を防ぐ洗濯が大事

ノロウィルスは感染する病気なので、予防には最善を尽くさなければなりません。 特に飲食物を扱う方は気をつけなければいけません。 飲食物を扱う方はどのようなことに注意してノロウィルスの拡大を防ぐべきなので …

0416ha

妊娠したら歯周病の治療は必須?妊娠中に歯周病を放置しておくリスク

妊娠したら歯周病の治療をしてください。 妊娠中は歯周病や歯肉炎、虫歯など口の中のトラブルも多くなります。 実は妊娠中の歯周病の悪化は、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす事がわかってきています。 しかし、妊 …

kafunmegane

花粉症対策メガネの効果と選ぶときのポイント 子供用の注意点

花粉症対策メガネを使用するのはとても効果的です。 花粉症対策には、薬などによるケアとあわせてマスクやメガネで防止するセルフケアは欠かせませんね。 花粉の飛散が本格的に始まる前からマスクやメガネを使用す …

ha1

歯周病対策には歯ブラシ選びと定期的に歯科医で点検してもらう

歯周病対策として当たり前のように毎日歯磨きをしているにもかかわらず、歯周病になってしまう方が大半です。 なぜ毎日ちゃんと磨いていたのに歯周病になってしまったのでしょうか。 そこで、歯周病対策には歯ブラ …