健康

妊娠したら歯周病の治療は必須?妊娠中に歯周病を放置しておくリスク

投稿日:

0416ha

妊娠したら歯周病の治療をしてください。

妊娠中は歯周病や歯肉炎、虫歯など口の中のトラブルも多くなります。

実は妊娠中の歯周病の悪化は、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす事がわかってきています。

しかし、妊娠中は歯科治療ができないのではないかと心配している方も多いようですが治療は可能です。

なぜ妊娠したら歯周病の治療は必須なのかと妊娠中に歯周病を放置しておくことのリスクについて紹介します。

なぜ妊娠したら歯周病の治療が必要?


妊娠したら歯周病の治療は必須かといいますと母子感染を始め、様々なリスクがあるからです。

母親の口の中とお腹の中の赤ちゃんは関係がないように思われますが、妊娠中の歯周病はあなどれません。

妊婦の歯周病は低体重児や早産のリスクがあるのです。

それだけでなく、母子感染というリスクもあるのです。

さらに、現在では歯周病が原因で糖尿病や肺炎、心筋梗塞といったリスクも高まるという結果も出ているのです。

特に妊娠中は女性ホルモンの分泌が非常に盛んになり、このホルモンの影響によって細菌が増殖しやすくなり、さらにツワリなどの影響で口腔内の衛生状態が悪化しやすくなるのです。

これによって引き起こされる「妊娠性歯肉炎」というものがあります。

スポンサードリンク

妊娠中に歯周病を放置するリスク


早産や低出生体重児を出産した女性は、正常体重児を出産した女性よりも高い確率で歯周病であったという結果が出ています。

そのため、妊娠中に歯周病を放置しておくと早産や低出生体重児を出産するリスクが高くなるのです。

その原因は、歯周病の細菌による毒素や炎症性物質が血液を通して胎盤へ巡り、胎児の育成に悪影響を及ぼして早産を引き起こすのです。

妊娠中はツワリなど体調によって食事を摂るリズムが乱れがちで、歯みがきも不徹底になることもあるため、さらに歯周病のリスクが高まると言われています。

そして、母親がむし歯や歯周病の状態ですと、その原因菌が子供にもうつってしまう「母子感染」のリスクもあるのです。

妊娠しても歯周病の治療は可能


妊娠中にレントゲン撮影をしたり麻酔をしたりすることは、胎児に悪影響があると思われる方が多いようですが、妊娠中でも歯周病の治療は可能なのです。

妊娠初期は流産しやすい時期ですし、妊娠後期は胎児が大きくなり苦しい体勢での長時間の治療は避けるべきですので、安定期である妊娠4~8カ月に治療をするのが最適です。

レントゲン撮影をする場合は、胎児の安全を考慮して防護エプロンを着用することで可能となります。

レントゲン撮影は歯の部分の狭い範囲のみですので、直接腹部にX線が当たることはありませんので妊娠中でも可能なのです。

そして、歯科の麻酔は局所麻酔ですので、通常の使用量であれば腎臓でろ過されることにより心臓に戻りますので、胎児にまで影響は無いと考えられています。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0308sigaisen

紫外線対策の日焼け止めの選び方と効果を得るための時間と量とは?

紫外線対策に日焼け止めを利用されている方も多いと思いますが、使い方次第で効果に違いが現れます。どのように使うことが良いと言えるでしょうか。 紫外線対策の日焼け止めの選び方と日焼け止めスプレーを効果的に …

petbottle

水素水を比較|濃度ってどれくらい?高い方がいいの?

水素水はここ数年話題になっていますね。 私も友人の勧めで水素水を飲み始めました。 最初は水素が1.0ppm入っている高濃度水素水を半年間飲み続けました。 代謝もよくなり、効果を実感していました。 そう …

kasi4

下肢静脈瘤とエコノミークラス症候群の関係とは?

下肢静脈瘤とエコノミークラス症候群には深い関係があります。 下肢静脈瘤は今すぐに何とかしないと命に関わるというわけではありません。 エコノミークラス症候群は、乗り物に乗らなくてもなるもので、下肢静脈瘤 …

kasi8

下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている弾性ストッキング

下肢静脈瘤の治療は、基本、手術で静脈切除することになります。 しかし、誰もが手術を受けられるわけではありません。 手術を受けられない場合、予防や改善のために使われているのが弾性ストッキングと呼ばれるも …

Generic3

ジェネリック医薬品、厚生労働省の考えと切り替えは得?

ジェネリック医薬品は、日本においては、欧米諸国に比べるとまだまだの普及率で、半分以下と言われています。 これには医学界との関係など複数の原因があるのですが、そのひとつが安全性に対する信頼度が低く、お医 …