健康

紫外線対策は目も忘れず!特に注意しなければいけない人とは?

投稿日:

紫外線対策は目もおこなう必要があります。日焼け止めを塗ったりなどの様々な対策をしていると思いますが、目に対しては何もしていない方が多いのが実情です。

そこで、紫外線対策として目もしっかりとすること、そのための方法について紹介します。

紫外線対策として特に目に注意しなければいけない人

紫外線対策は、目に対してもしっかりとおこなうようにしましょう。

紫外線は一昔前よりもどんどん強くなってきているため、対策を練る必要があります。気にせずに紫外線を浴び続けていると、病気になる可能性も否定できないからです。

特によく知られているのは皮膚がんです。病気予防のためにも、紫外線対策をいろいろと試してみましょう。

夏でも長袖を着たり、日焼け止めを塗ったりということはよく行います。しかし、それだけではなく、目もきちんと対策することが大切です。というのも、紫外線対策として目に対して何も行わないと、いくら体などに対して対策していても目から紫外線を吸収してしまうからです。

特に紫外線対策として目に注意しなければいけないのが、小さなお子さんです。小さなお子さんの場合、身長が低い分、地面に近いということになります。

そうなると大人に比べ、アスファルトに反射した紫外線を目から吸収してしまうことがあります。なので小さいお子さんの紫外線対策として目のことを忘れてはいけません。

紫外線が強い時期は春から秋です。夏だけではないので、春先から注意をして対策するようにしましょう。

紫外線対策として目はどうする?

紫外線対策として目を守るにはどうすればよいのでしょうか。一番は、サングラスをかけることです。

しかし、紫外線対策として目を守ることが最も必要とされるのは、小さなお子さんです。小さなお子さんがサングラスをかけていると、生意気だと思われてしまうことがあります。もちろん、幼稚園や学校にかけていくことはできません。休日くらいしか対応できないので、他にもいろいろな方法を考える必要があります。

まず、できる対策としては、帽子をかぶることです。これは幼稚園や学校でも指定のものをかぶることができるので、有効的です。休日もつばの広いものをなるべくかぶるようにしましょう。

大人なら、帽子とサングラスというように、さらに目を守るための対策を万全にできます。日傘も有効的です。紫外線の強い日は、小さなお子さんも一緒に入れて歩くようにしましょう。

いろいろな方法を試してみよう

ネットなどで調べるといろいろな紫外線対策として目に関する情報があるので、より良いものを選びましょう。

紫外線が強い時間帯はアスファルトの照り返しが強い場所では遊ばせないなどの対策をしていき、大切なお子さんの目を紫外線から守りましょう。

また、目に対する紫外線対策は何も小さなお子さんにだけ必要なものではありません。大人も必要ですので、帽子をかぶることや日傘を使うなど、何か一つくらいは行うと安心です。

サングラスにしても、色の濃いものには抵抗があるのなら、薄いものを活用しましょう。最近はUVカットの遮光サングラスがメガネ店でも人気です。どんなメガネ店でも販売されているので、一つ持っていると重宝します。近眼の人は度を入れて作ることも可能です。オーダーしてみましょう。

もちろん、車を運転する人も対策することが大切です。紫外線は窓やミラーに反射して車の中にも入ってくるからです。運転に支障が出ないように、薄めのサングラスをかけることが有効的と言えます。
スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0112tenkan

てんかんとはどのような病気?原因とどのような症状が起きるの?

てんかんは発作を繰り返す脳の病気で、年齢や性別、人種に関係なく発病する病気です。 てんかんが原因で起きる暴走事故も問題となっていますね。 医師が乗用車を運転中、歩行者5人を死傷した事故を起こし、てんか …

simoyake1

しもやけの原因とは?治す薬と漢方薬がおすすめな理由

しもやけは冬の季節病とも言われ、かゆくてしかたない思いをしている方も多いのではないでしょうか? しもやけは、寒さの厳しい地域特有のものだと思われていますが、九州では発症する人が多いとされています。 し …

kasi3

下肢静脈瘤のなかのクモの巣状静脈瘤と間違えやすいリベドーとは?

下肢静脈瘤のなかで血管がクモの巣のようにひろがって見える下肢静脈瘤があります。 見た目を気にしてスカートなどが履けない女性もいる下肢静脈瘤で、クモの巣状静脈瘤と言います。 下肢静脈瘤のなかのクモの巣状 …

hibun2

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。 飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見 …

no image

おならが多い原因とは?おならが多くなる病気や加齢との関係とは?

おならが多いと悩んでいる方はたくさんいます。おならは誰ものがでるものですが、自分は他の人に比べて多いのではないのかとか臭いのではと悩んでいる方が多いのです。 おならが多いのはなぜなんでしょうか?おなら …