健康

紫外線対策の日焼け止めの選び方と効果を得るための時間と量とは?

投稿日:

紫外線対策に日焼け止めを利用されている方も多いと思いますが、使い方次第で効果に違いが現れます。どのように使うことが良いと言えるでしょうか。

紫外線対策の日焼け止めの選び方と日焼け止めスプレーを効果的に使うことのおすすめについて紹介します。また、日焼け止め効果を得るのに要する時間と量についても紹介します。

紫外線対策の日焼け止めの選び方について

紫外線対策として日焼け止めが様々なタイプのものがドラッグストアなどで販売されていますね。大人向けの商品から子供向けの商品まであり、紫外線対策に日焼け止めを利用することがいかに大切かということが良く分かると思います。

そんな中、いったいどれを選ぶべきなのか判断に困っている方もいらっしゃるかもしれません。もちろんどれも効果があると言えますが、同じ選ぶのであれば、SPFの数値が高くPAの+の数が多い物を選ぶことをおすすめします。

基本的にSPFの数値が高ければ高いほど紫外線対策に強い効果があると言われていますし、PAの+の数が多いほど効果が保たれる時間が長いと言われています。春先や夏場など紫外線が多い時期は、特にこういった数値の高い商品を選ばれると良いでしょう。

しかし、数値が高ければなんだも良いというわけではありません。数値が高いものは効果も高いですが、肌への負担も高いのです。なので、肌の弱い方は数値の低い商品を選ばれる方が良いかもしれません。

紫外線対策の日焼け止めは塗り直しが大切

紫外線対策の日焼け止めは、基本的にはSPFの数値が高い物やPAの+の数が多い物を選ぶことがおすすめだと述べましたが、高いものやPAの+の数が多いものを使っていれば完璧に紫外線対策ができるというわけではありません。

もちろんしっかりカバーはしてくれますが、やはり時間がたつと効果は低くなっていく一方ですし、皮脂や汗により流れていくこともあります。そのためより完璧に紫外線対策をするためには、こまめに塗りなおすことが大切になります。

しかし、外出中ともなるとなかなか化粧直しをする機会が無い方も多いと思います。そんなときは、スプレータイプの日焼け止めを使うことをおすすめします。

最近はスプレータイプの日焼け止め商品も数多く出ていますし、化粧をした上からでも使うことができるものが多いのでとても便利です。なかなか化粧下地のように塗りなおすことが出来ない方は、できるだけ日焼け止めスプレーを上手に併用して使うことをおすすめします。

紫外線対策の日焼け止めを使う時間と量

紫外線対策として日焼け止めを使う際、注意することがあります。それは日焼け止めを塗る時間と量です。

日焼け止めは塗ってすぐに効果が現れるという物ではありません。一般的に使用して30分後に効果が現れると言われています。

そのため、外出する際は最低でも30分前には塗っておく必要があります。そうしなければ、外出後の数十分は紫外線を思いっきり浴びているということになり、しっかり対策をしていたとしても意味がないと言えます。

また塗る量も人によって様々だと言えます。しかし、少ない量しか塗らない方は、はっきり言って効果が無いと言えます。

多く塗ればよいという物でもありませんが、最低でも500円玉程度の量を顔に使うことをおすすめします。日焼けをしたくないのであれば、けちらず必要量はきちんと使うことが大切です。

このようなことに気をつけて紫外線対策の日焼け止めを利用されると良いと思います。
スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0412ha

歯周病が原因で別の病気になるって本当?誘発する3つの経路

歯周病が原因で別の病気を誘発します。 歯周病は、ただ単に歯周の病気に終わらないことがわかってきました。 歯周病が原因となって、身体の他の部分の病気が引き起こされるケースがあるのです。 そこで、歯周病が …

haburasi1

歯周病と正しい歯磨きの方法と歯磨きはいつがいいの?

歯周病の一番の対策は歯磨きです。 毎日磨いているから大丈夫と安心してはいけません。 正しい歯磨きをしていなければ磨いていても歯周病予防にはならないのです。 そこで、歯周病を防ぐには正しい歯磨きの方法が …

kanpan2

顔がかゆいのが乾燥の場合の対策方法とその他の原因とは?

顔がかゆいのは、乾燥しているのかもと感じたことはないでしょうか? 乾燥と聞くと、つい保湿すれば改善すると考えてしまいますよね。 しかし、保湿だけではかゆみは完治しない場合があります。 では、どうすれば …

kasi1

下肢静脈瘤の症状と原因は?目に見える4つの血管の症状とは?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という疾患をよく耳にするようになりました。 下肢静脈瘤は妊娠中に出る方も多いそうで、妊婦さんの約2割が発症しています。 他にも出やすい人がいます。 そこで、下肢静脈 …

kasi8

下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている弾性ストッキング

下肢静脈瘤の治療は、基本、手術で静脈切除することになります。 しかし、誰もが手術を受けられるわけではありません。 手術を受けられない場合、予防や改善のために使われているのが弾性ストッキングと呼ばれるも …