健康

紫外線対策の日焼け止めの選び方と効果を得るための時間と量とは?

投稿日:

紫外線対策に日焼け止めを利用されている方も多いと思いますが、使い方次第で効果に違いが現れます。どのように使うことが良いと言えるでしょうか。

紫外線対策の日焼け止めの選び方と日焼け止めスプレーを効果的に使うことのおすすめについて紹介します。また、日焼け止め効果を得るのに要する時間と量についても紹介します。

紫外線対策の日焼け止めの選び方について

紫外線対策として日焼け止めが様々なタイプのものがドラッグストアなどで販売されていますね。大人向けの商品から子供向けの商品まであり、紫外線対策に日焼け止めを利用することがいかに大切かということが良く分かると思います。

そんな中、いったいどれを選ぶべきなのか判断に困っている方もいらっしゃるかもしれません。もちろんどれも効果があると言えますが、同じ選ぶのであれば、SPFの数値が高くPAの+の数が多い物を選ぶことをおすすめします。

基本的にSPFの数値が高ければ高いほど紫外線対策に強い効果があると言われていますし、PAの+の数が多いほど効果が保たれる時間が長いと言われています。春先や夏場など紫外線が多い時期は、特にこういった数値の高い商品を選ばれると良いでしょう。

しかし、数値が高ければなんだも良いというわけではありません。数値が高いものは効果も高いですが、肌への負担も高いのです。なので、肌の弱い方は数値の低い商品を選ばれる方が良いかもしれません。

紫外線対策の日焼け止めは塗り直しが大切

紫外線対策の日焼け止めは、基本的にはSPFの数値が高い物やPAの+の数が多い物を選ぶことがおすすめだと述べましたが、高いものやPAの+の数が多いものを使っていれば完璧に紫外線対策ができるというわけではありません。

もちろんしっかりカバーはしてくれますが、やはり時間がたつと効果は低くなっていく一方ですし、皮脂や汗により流れていくこともあります。そのためより完璧に紫外線対策をするためには、こまめに塗りなおすことが大切になります。

しかし、外出中ともなるとなかなか化粧直しをする機会が無い方も多いと思います。そんなときは、スプレータイプの日焼け止めを使うことをおすすめします。

最近はスプレータイプの日焼け止め商品も数多く出ていますし、化粧をした上からでも使うことができるものが多いのでとても便利です。なかなか化粧下地のように塗りなおすことが出来ない方は、できるだけ日焼け止めスプレーを上手に併用して使うことをおすすめします。

紫外線対策の日焼け止めを使う時間と量

紫外線対策として日焼け止めを使う際、注意することがあります。それは日焼け止めを塗る時間と量です。

日焼け止めは塗ってすぐに効果が現れるという物ではありません。一般的に使用して30分後に効果が現れると言われています。

そのため、外出する際は最低でも30分前には塗っておく必要があります。そうしなければ、外出後の数十分は紫外線を思いっきり浴びているということになり、しっかり対策をしていたとしても意味がないと言えます。

また塗る量も人によって様々だと言えます。しかし、少ない量しか塗らない方は、はっきり言って効果が無いと言えます。

多く塗ればよいという物でもありませんが、最低でも500円玉程度の量を顔に使うことをおすすめします。日焼けをしたくないのであれば、けちらず必要量はきちんと使うことが大切です。

このようなことに気をつけて紫外線対策の日焼け止めを利用されると良いと思います。
スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0428koushu

口臭が改善するだけでなく綺麗にもなる飲み物とは

口臭を改善する飲み物があります。 口臭というのはとても気になりますよね。 その口臭がある飲み物を飲み続ける事で綺麗に改善され、スッキリするのです。 高価なものではないので、手に入れるのが困難ということ …

noro

ノロウィルスとは?感染経路は?おもな症状と潜伏期間の時期

ノロウィルスは毎年日本で流行し、しかも集団感染するので厄介な症状ですね。 日本だけではなく、世界各地に大きな被害をもたらしています。 ノロウィルスの感染者は非常に多く、食中毒患者のうちの3割以上を占め …

Generic3

ジェネリック医薬品、厚生労働省の考えと切り替えは得?

ジェネリック医薬品は、日本においては、欧米諸国に比べるとまだまだの普及率で、半分以下と言われています。 これには医学界との関係など複数の原因があるのですが、そのひとつが安全性に対する信頼度が低く、お医 …

kafun2

花粉症の薬の強さと起こりうる副作用 飲み始めるべき時期は?

花粉症の薬は、ヒスタミンの発生を抑えたり、発生したヒスタミンの働きを抑えるものです。 ヒスタミンとは、花粉などのアレルギー原因物質によって体内に出てきた物質で、神経や血管などが刺激されるアレルギー反応 …

kafun

花粉症のレーザー治療は発症後でも大丈夫?メリットとデメリット

花粉症のレーザー治療は、鼻粘膜にレーザーを照射して鼻粘膜のアレルギー反応を鈍くしようという治療です。 レーザー治療は花粉症に限らず、アレルギー性鼻炎の方でもおこなう方が増えてきている治療法です。 とこ …