健康

子供がノロウィルスに罹ったらどうする?食事と対策

投稿日:

noro3

子供がノロウィルスになると大人と違い、重症化してしまう危険性があります。

子供がノロウィルスになっても特効薬はありませんので、どうしたらよいのでしょうか?
また、ならないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

子供がノロウィルスに罹ったとき、どうすればよいのか?子供のノロウィルスと食事の関係及び対策について紹介します。

子供がノロウィルスに罹ったとき


子供がノロウィルスに罹ったとき嘔吐や腹痛、下痢が続きますが、無理して慌てて病院に連れて行く必要はありません。

ノロウィルスに子供が罹っても焦らず、まずは落ち着いて様子を見守りながら、症状が安定してきてから、病院に見てもらうようにしましょう。

ほとんどの場合、安静にしていることで症状はおさまり、回復してきますし、病院に行ってもノロウィルスに関しては特効薬があるわけではないので、対処療養しかできないのが現状だからです。

しかし、ノロウィルスというのは、厄介な細菌性の病気で、子供がノロウィルスに罹ったときは、特に脱水症状には十分気をつけなければなりません。

嘔吐が激しい時は、子供に水分を無理に取らせてはいけません。

そうすると余計に嘔吐する原因になりますので、少しずつ何回かに分けて水分を与え、脱水症状を起こさないようにしてやることが大事です。

また、ノロウィルスは、症状が収まってもそれから1週間程度は細菌が残っている可能性があるので、再発しないように十分に注意しなければなりません。

スポンサードリンク

子供のノロウィルスと食事の関係


子供がノロウィルスに罹ったとき、栄養を付けさせようと無理に食べさせなくても大丈夫です。

ノロウィルスにかかると、食事が喉を通らなくなることがありますが、もしそうなったら思い切って絶食するくらいでも良いとされています。

また、ノロウィルスの感染経路は様々ですが、人間の口から入り込むことでもよく起こるので、食事には注意が必要です。

子供がノロウィルスに罹ったとしても治癒も早いので、少しくらい食事を抜いても、栄養が不足するような事態にはなりません。

しかし、脱水症状の予防のため、水分補給は冷たい飲み物は避け十分に補給するようにしましょう。

回復してきたら、薄いおかゆなどでゆっくりと食事を戻していくといいでしょう。

子供のノロウィルス対策


子供のノロウィルス対策として有効な特効薬はまだ見つかっていません。

一般的にはノロウィルスのような細菌性の感染病は、動物培養細胞でウィルスを増殖させるが普通なのですが、ノロウィルスに関しては、その増殖方法が発見できていません。

そして、ノロウィルスは、自己免疫力が1~2年で喪失してしまうので、有効なワクチン予防も期待できないと言われています。

今のところワクチンがないので、子供のノロウィルスの対策としては、下痢止めや整腸剤を投与するしかありません。

ただ、下痢止めの使用は、逆にノロウィルスの細菌を体内にとどめることになるので、回復を遅らせるとも言われ賛否両論です。

子供のノロウィルス対策として脱水症状を起こさないようにしましょう。

ノロウィルスに罹ると下痢や嘔吐をし、塩分やカリウムが失われ、脱水症状を起こしやすくなるので、スポーツドリンクや生理食塩水を人肌に暖めて飲むことでノロウィルス対策をしましょう。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kafun

花粉症のレーザー治療は発症後でも大丈夫?メリットとデメリット

花粉症のレーザー治療は、鼻粘膜にレーザーを照射して鼻粘膜のアレルギー反応を鈍くしようという治療です。 レーザー治療は花粉症に限らず、アレルギー性鼻炎の方でもおこなう方が増えてきている治療法です。 とこ …

haburasi2

歯周病予防のために歯磨きと歯ブラシのサイズ・形

歯周病予防には歯磨きが重要なのですが、歯を磨く道具である歯ブラシのサイズや形も無視出来ない大事なものとなります。 自分の歯に合った歯ブラシで、正しく磨くことがとても重要なのです。 そこで、歯周病予防と …

saigaiyoutuu

災害性腰痛とは?腰痛を防ぐ方法となった場合の改善方法と食事

女性で腰痛に悩んでいる方は多いですね。 その腰痛が職場が原因となることもあります。 腰痛を病名と勘違いしている人も多いと思いますが、腰痛とは症状であって、病名ではありません。 災害性腰痛って聞いたこと …

kasi1

下肢静脈瘤の症状と原因は?目に見える4つの血管の症状とは?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という疾患をよく耳にするようになりました。 下肢静脈瘤は妊娠中に出る方も多いそうで、妊婦さんの約2割が発症しています。 他にも出やすい人がいます。 そこで、下肢静脈 …

0308sigaisen

紫外線対策の日焼け止めの選び方と効果を得るための時間と量とは?

紫外線対策に日焼け止めを利用されている方も多いと思いますが、使い方次第で効果に違いが現れます。どのように使うことが良いと言えるでしょうか。 紫外線対策の日焼け止めの選び方と日焼け止めスプレーを効果的に …