おでかけ

初めての海外旅行 意外と知らないチップの本当の意味と相場

投稿日:

1230ryokou

初めての海外旅行の注意点として、日本には習慣のないチップという存在があることを忘れてはいけません。

このチップについては私たち日本人は誤解して解釈している方が多いです。

そこで、チップの本当の意味とはどういったものなのかについて紹介します。

チップの相場は一番スタンダードなアメリカの場合でいくらなのか、シチュエーション別の渡し方とともに紹介します。

また、チップの金額を即座に計算する方法についても紹介します。

初めての海外旅行 チップの本当の意味


初めての海外旅行では、行き先によりますがチップの存在を忘れてはいけません。

チップというと日本では、「サービスに対するささやかなお礼」という解釈をしている方が多いですが、本当の意味は違います。

チップが当たり前の国では、チップは労働報酬の一部とみなされています。

給与システムにしっかりと組み込まれているのです。

どういうことかというと、給与の一部をそのサービスを受ける側である客が直接支払うというシステムなのです。で

すから、サービスを受けたらチップを支払うのは、実は社会的な義務という一面もあるのです。

チップは団体旅行では支払う必要がありません。

添乗員が必要時にチップをまとめて支払うので、基本的に自分で渡す必要はありません。

ただし、ルームサービスなどを個別に利用した場合には、チップを渡しましょう。

レストランでチップを個別に支払うのは、勘定書にサービス料が含まれていない場合だけです。

サービス料が含まれている場合はチップを支払う必要がないので、よく勘定書を確認しましょう。

チップの支払い方は国によって違いがあります。

お会計と一緒に支払う国もあれば、別々に支払う国もあります。

海外旅行で行く国はどうなのか、事前に調べておきましょう。

初めての海外旅行 チップの相場と渡し方


初めての海外旅行では、日本にはないチップについて事前に準備しておきましょう。

チップ用の紙幣は財布には入れないで、すぐに取り出せるようにしておきます。

スポンサードリンク

いつでもさっと出せるようにポケットなどにチップ用の紙幣を用意しておきましょう。

1ドル札を5枚程度と5ドルを1~2枚ほどポケットに入れておきましょう。

チップを渡す時は、相手の目を見ながら4つ折りくらいに折ったお札をすっと渡しましょう。

そのときに「Thank you」と一言添えましょう。

チップの相場をアメリカを基準にしたものを紹介します。

ベルボーイの場合、1~2ドルで荷物を運んでもらった後、直接手渡しします。

ルームメイドの場合、1~2ドルで朝の外出時に枕元に置いておきます。

ルームサービスの場合、1~2ドルでサービスを受けた後、直接手渡しします。

コンシェルジュを利用した場合、相談の難易度に応じて、10~30ドル程度で、頼んだ仕事の後、直接手渡しします。

レストランの場合、料金の15~20%で食後、テーブル上に置くことが多いです。格式のあるレストランの場合には20%以上が相場です。

タクシーの場合、料金の15~20%で料金の支払時に直接手渡しします。

初めての海外旅行 チップの金額を即座に計算する方法


初めての海外旅行に行く前にチップが必要なのか調べておきましょう。

主な必要な国は、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、オーストリア、エジプト、香港、中南米諸国となっています。

チップが要らない国は、韓国、中国、シンガポール、東欧諸国、オーストラリア、ニュージーランドです。

しかし東南アジアでは、外国人向けの高級ホテルやレストランではチップを支払う所が多いので、事前にチェックしておきましょう。

チップの金額はどの金額に対して何%なのかですが、消費税を含まない金額に対して計算します。

チップは自分が受けるサービスに対して払うものであって、消費税とは関係ないからです。

もしクーポンや割引券を使ったのなら、チップは元の値段に対して支払うので注意しましょう。

クーポンなどに関係なく、全額の価値に対してサービスを行っているので、それに対するものという考え方です。

チップの金額を即座に計算する方法としては、10%にするには小数点をひとつ左にずらすだけです。

例えば、レストランでの料金が63ドル50セントだったのなら、6.35ドルになります。

20%なら倍にするとすれば即座に計算できますよ。

また、スマホに通貨変換・チップ計算のアプリを入れておくのも手です。

130以上の国の通貨を変換して計算ができるアプリや、食事やタクシーなどのチップが分かるアプリなどがありますので、調べて必要なら入れておきましょう。

スポンサードリンク

-おでかけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0104ryokou

海外旅行の帰りは要注意!荷物の超過許容量と超過料金について

海外旅行の楽しみの1つにショッピングがありますし、お土産も買わないわけにはいかない。 ついつい買い物をし過ぎて、帰りはスーツケースがズッシリと重くなり、搭乗手続きで超過料金なんていうのもよく聞く話です …

0106ryokou

海外旅行の時差ボケを小さくする方法と着いてすぐにしてはいけない行為とは?

海外旅行が初めてなら、旅行の準備の他にも時差ボケ対策なども考えておく必要があります。 長時間のフライトをした直後というのは、自分が思っている以上に体は疲れているものです。 無理はしてはいけません。 ま …

1229ryokou

初めての海外旅行 カード被害の保険対象外にされてしまう場合とは?

初めての海外旅行の持ち物の必需品の1つがクレジットカードですね。 このクレジットカードで気をつけるべきことがあります。 それはカード被害に遭うことです。 被害に遭っても保険で大丈夫なんて思っていたら、 …

kaigaikaimono

海外旅行の買い物で気をつけたいことと値切るのは当たり前?

海外旅行の楽しみのひとつとして、買い物がありますね。 高級ブランド品を日本より安く買えるので、ここぞとばかりに購入する方も多いでしょう。 偽ブランド品もめちゃくちゃ安く買えたりします。 そこで、海外旅 …

0108ryokou

海外旅行は機内食を楽しもう 様々な特別機内食って?

海外旅行は長時間を飛行機で過ごさなければいけないのは辛いですね。 でも楽しみもあります。それは機内食です。 最近の機内食はクオリティがどんどん上がっているんです。 航空会社によって内容も様々で、航空会 …