健康

猫背を強制するベルトはどれくらいの間着ければよいのか

投稿日:

0422nekoze

猫背を矯正するベルトは効果はあります。

しかし、外してしまえば元に戻ります。

猫背を治そうと思ってもそうすぐには改善しません。

個人差がかなり出ます。
早い方なら1ヶ月、長い方だと1人年以上もかかると言われています。

猫背を強制するベルトはどれくらいの間着ければよいのかについて紹介します。

猫背を矯正するベルトで改善


私は小学校の高学年になると猫背が目立ってしまい、両親や先生などに注意されるようになりました。

私が猫背なのは遺伝ではないかと考えています。

私の父親がかなりの猫背で姿勢が悪いのですが、毎日見ているためか気にはなっていませんでした。

その血を継いでか、私もかなりの猫背になってしまいました。

20歳を過ぎたころから猫背の姿勢がみっともないと考え始めた私は、何とかして猫背を治そうと思っていました。

そんなとき友人に猫背を強制するベルトの存在を知らされました。

値段もそれほど高くなく、自主的に猫背を治そうと思っても治らなかった私は購入を決断しました。

商品が届いてからは、時間がある限り猫背強制ベルトを着用しようと心に近い、入浴と寝る時以外はなるべくつけるようにしていました。

スポンサードリンク

その結果、1か月ほどで見違えるほど猫背が治ってきていました。

猫背強制ベルトをやめたら


私は矯正期間が終わったと考え、猫背を強制するベルトを装着しなくなりました。

すると半年後には、元の猫背姿に戻ってしまったのです。

猫背がせっかく治ったと思ったのに、また逆戻りだなんて辛かったですが、私が悪いと考えてもう一度猫背強制ベルトを着ける生活が始まりました。

この猫背強制ベルトは、私にとっては苦痛以外の何者でもありません。

長年猫背で生活していたせいか、背筋を伸ばしての生活がとても疲れてしまいます。

一度は1か月ほど装着していましたが、最初の頃の強い気持ちが失われているのは事実で装着時間も短くなってしまっていました。

そのためか、1か月では見違えての変化はなかったため私は猫背強制ベルトをつけなくなっていきました。

そのため現在も私は猫背です。

長年猫背で生活をしてきた私は、そう簡単には治らないのだなと実感しました。

どれくらいの間着ければよい?


猫背の矯正には時間がかかり、ベルトやコルセットなどの矯正グッズを使えば一時的には猫背が改善されますが、外すとまた元に戻ってしまいます。

どうしても楽な姿勢をとりたくなるものが人間ですから。

猫背を強制するベルトはどれくらいの間着ければよいというものではありません。

外してしまえば元に戻るのですから、外しても再び猫背に戻らないようにしなくてはいけません。

それには日々のストレッチや背筋、インナーマッスルの強化などをしなくてはいけません。

結局は自分の筋力で美しい姿勢を保つことが出来る体を手に入れる必要があるのです。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

taishakouso

代謝酵素と食事の関係 代謝酵素の力を発揮し病気の予防

代謝酵素は体の中で作られる酵素の中でも非常に重要なものです。 私たちが生きていく上で欠かせない存在です。 また、代謝酵素は食事に大きく関係していますし、病気とも関係してきます。 代謝酵素とはどういった …

0305sigaisen

紫外線対策は目も忘れず!特に注意しなければいけない人とは?

紫外線対策は目もおこなう必要があります。日焼け止めを塗ったりなどの様々な対策をしていると思いますが、目に対しては何もしていない方が多いのが実情です。 そこで、紫外線対策として目もしっかりとすること、そ …

hie2

男性の末端冷え性は重篤な病気を引き起こすかも 改善方法とは?

男性で末端冷え性に悩む方が増えてきています。 末端冷え性という症状は、比較的女性に多く見られるのですが、最近では男性に増えてきていて、女性とは違う特徴があります。 男性の末端冷え性の場合、生活習慣病へ …

kasi7

下肢静脈瘤の予防で日常気をつけることと妊婦さんが気をつけること

下肢静脈瘤は下肢に血液がたまってしまう病気です。 下肢に血液がたまってしまうとデコボコと血管が浮かんで見た目が悪くなるだけでなく、かゆみが出たり、かきすぎて皮膚炎になったり、色素沈着したりしてしまいま …

kasi5

下肢静脈瘤の治療と手術とは?手術を受けられない場合とは?

下肢静脈瘤になってしまっても、すぐに命を落とすというわけではありません。 しかし、自然に治るものでもありません。 基本、手術をすることになるのですが、早めに治療しておいた方が良いのです。 そこで、下肢 …