健康

しもやけの原因とは?治す薬と漢方薬がおすすめな理由

投稿日:2015年10月18日 更新日:

simoyake1

しもやけは冬の季節病とも言われ、かゆくてしかたない思いをしている方も多いのではないでしょうか?

しもやけは、寒さの厳しい地域特有のものだと思われていますが、九州では発症する人が多いとされています。

しもやけとはどういったものなのかとその原因、治す薬についてと漢方薬がおすすめな理由について紹介します。

しもやけとは


しもやけとは、寒さと乾燥が厳しくなると起こるもので冬の季節病とも言われています。
寒さの厳しい地域特有のものだとイメージが強いですが、地域別のデータを取ると九州地方は多いそうで、寒い地域でなくてもなる方が多いことがわかっています。

私には関係がないと思っていると、いつの間にかしもやけになっていたなんてことも。

しもやけはかゆみや痛み、熱さなどを感じ、よく「ジンジンくる」といった表現がされます。

しもやけができやすいのは手ですが、ほかにも足や耳、鼻などにもできます。

しもやけは体の末端部分にできやすくなっていて、できてしまうと年中、不愉快ですし、悪化すれば硬く腫れ上がったりしてしまいますし、見た目も痛々しくなってしまいますので注意が必要です。

また、しもやけは一度できてしまうと、なかなか治りませんので、冬の寒い間、ずっとしもやけに悩まされることになりがちです。

しもやけは、冬の季節病とも言われるくらいですから、春や夏にしもやけができるということはまずありえません。

もしも春や夏になってもしもやけが治らない場合には、他の病気を疑ったほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

しもやけの原因


しもやけは、血行不良と冷えが一番の原因なりますし、体質的になりやすい方となりにくい方がいるようです。

しもやけは皮膚に直接、冷たい空気が触れることによって、その部分の血管が開いたまま麻痺して、血液が固まってしまってできてしまいます。

なので、しもやけになりやすい方は冷たい空気を避けるようにしましょう。

また、血管が麻痺しないように血液がうまく流れるようにして体を冷やさないようにしましょう。

しもやけができやすい方は、貧血気味だったり、腎臓が弱い方が多いので、このような症状がある方は、治していかないとしもやけができやすい体質がかわりません。

しもやけの薬と漢方薬


しもやけになってしまい悪化してしまったら薬のお世話に。

しもやけの薬は、皮膚科で診てもらい、血行を促進してくれるビタミンEの飲み薬と炎症止めとかゆみ止め、血行を良くする塗り薬が一緒に処方されるのが一般的です。

塗り薬を塗り、かゆみを抑えながら、炎症を鎮め、飲み薬で体内の血行を促進させていくことで、かなり症状が緩和されます。

しもやけは、皮膚科で処方していただく薬の他にも、体質を変えてできにくくするための漢方薬があります。

しもやけはできやすい体質の方がいるので、その体質を漢方でできにくい体質に変えていきます。

漢方薬は効き方が人によっては違うので、自分で判断せず専門家に選んでいただいたほうがいいです。

漢方薬は飲んだからといって、急激に変化が起こるものではありません。

悪化している場合は皮膚科で治療しながら、漢方薬でしもやけができにくい体質を変えていくというスタンスがよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

noro3

子供がノロウィルスに罹ったらどうする?食事と対策

子供がノロウィルスになると大人と違い、重症化してしまう危険性があります。 子供がノロウィルスになっても特効薬はありませんので、どうしたらよいのでしょうか?また、ならないようにするにはどうしたらよいので …

hibun2

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。 飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見 …

Generic3

ジェネリック医薬品、厚生労働省の考えと切り替えは得?

ジェネリック医薬品は、日本においては、欧米諸国に比べるとまだまだの普及率で、半分以下と言われています。 これには医学界との関係など複数の原因があるのですが、そのひとつが安全性に対する信頼度が低く、お医 …

masuku

立体マスクの特徴とは?効果と花粉症におすすめの理由

立体マスクはこれまでの平面状だったものに比べ、フィット感などが優れているため、瞬く間に大ヒットした商品ですね。 あっという間にヒットしたからにはそれなりの特徴があるからです。 立体マスクの特徴とはどう …

kasi8

下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている弾性ストッキング

下肢静脈瘤の治療は、基本、手術で静脈切除することになります。 しかし、誰もが手術を受けられるわけではありません。 手術を受けられない場合、予防や改善のために使われているのが弾性ストッキングと呼ばれるも …