健康

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

投稿日:

hibun2

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。

飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見えている生理的飛蚊症です。

硝子体の中に血液が入り込んだ硝子体出血も多いです。

飛蚊症の原因となる後部硝子体剥離と硝子体出血とは一体どういったものなのか?

飛蚊症の手術と費用についてとあわせて紹介します。

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離


飛蚊症の原因として多い後部硝子体剥離とは、老化によって眼球の器官のひとつである硝子体というものが変質して繊維組織が壊れる事によって硝子体全体が収縮します。

そうするとやがて硝子体と網膜の間に隙間が出来てしまう事です。

後部硝子体剥離は、特に近眼の人に発症しやすいです。

そして男性よりも女性に多く見られる症状です。

老化が主な原因なので50歳以上の人に多い症状だったのですが、最近では生活環境の変化やストレス社会の影響もあり、20代でも発症する方が増えてきています。

後部硝子体剥離は、硝子体が網膜から離れる際に、網膜の表面にある毛細血管が引っ張られ血管が破れて出血が起こります。

このことで飛蚊症が発生するのです。

飛蚊症の原因、硝子体出血


飛蚊症の原因として硝子体出血も考えられます。

硝子体出血は、硝子体の中に網膜血管の断裂等によって出血した血液が入り込んでしまったことを言います。

スポンサードリンク

硝子体は血管の無い透明な組織なのですが、ここに血液が入り込んでしまうと光が遮られ、網膜に影を落とした状態になりますので、飛蚊症がみられるのです。

硝子体出血の原因は、加齢のほかに糖尿病性網膜症や網膜中心静脈閉塞症等でも起こります。

硝子体出血は、出血の量が少なければ時間の経過と共に自然吸収されることもあります。
しかし、網膜剥離等の重大な病気が隠されている可能性があるので、自然吸収されるのを待つのではなく、早急に硝子体内の出血を取り除くようにしましょう。

飛蚊症の手術と費用


飛蚊症が気になって精神的に苦痛を感じている方も少なくありません。

手術をしてでも症状の改善を望む方も多いです。

飛蚊症の手術は、硝子体手術による網膜復位術です。

この手術は硝子体を除去する為、飛蚊症の原因である硝子体内の混濁なども綺麗になり、見え方が非常に良くなるというものです。

治療にかかる費用は病院によってかなり違いがあります。

手術は保険でできるので6万円程度ですが、使用する薬剤が膨大な量となり、入院費用もかかるので、合計すると20~30万円はかかるでしょう。

現在では硝子体手術より簡単で、リスクが少ないレーザーを使って硝子体混濁を細かく砕き、飛蚊症を目立たなくする治療法があります。

飛蚊症の原因となる硝子体の濁りにレーザーを照射するやり方で、個人差がありますが、3~5回繰り返すのが一般的です。

最初の手術で約30万円かかり、以後1回ごとに約10万円が相場です。

なので3回で約50万円と手術だけでもかなり高額な費用が必要となります。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

masuku2

さまざまな立体マスク 超立体、メガ立体、竹炭の立体マスク

立体マスクは花粉症対策に効果が高いとして人気ですが、今はいろいろなタイプの立体マスクがあります。 医療用に作られたものも私たちが手に入れることも出来るようになっています。 いろいろある立体マスクの中か …

kasi5

下肢静脈瘤の治療と手術とは?手術を受けられない場合とは?

下肢静脈瘤になってしまっても、すぐに命を落とすというわけではありません。 しかし、自然に治るものでもありません。 基本、手術をすることになるのですが、早めに治療しておいた方が良いのです。 そこで、下肢 …

0225onara

おならがよく出る、しかも臭いのはなぜ?我慢するとどうなる?

おならがよく出る、しかも臭い。おならは臭いもの、だけどそのニオイには個人差がありますよね。 自分のおならが妙にニオイがきついと感じることはありませんか? もしかしたら、自分はほかの人よりおならが臭いの …

hakunai

白内障とは?白内障の原因と主な症状、予防するにはどうする?

白内障は年を重ねるとほとんどの方がなるといっても過言ではない目の病気です。 目の中にある水晶体といわれる部分が白く濁ってしまう病気です。 加齢が主な原因と言われています。 加齢以外にも様々な原因でなっ …

kasi8

下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている弾性ストッキング

下肢静脈瘤の治療は、基本、手術で静脈切除することになります。 しかし、誰もが手術を受けられるわけではありません。 手術を受けられない場合、予防や改善のために使われているのが弾性ストッキングと呼ばれるも …