健康

花粉症の薬の強さと起こりうる副作用 飲み始めるべき時期は?

投稿日:

kafun2

花粉症の薬は、ヒスタミンの発生を抑えたり、発生したヒスタミンの働きを抑えるものです。

ヒスタミンとは、花粉などのアレルギー原因物質によって体内に出てきた物質で、神経や血管などが刺激されるアレルギー反応です。

花粉症の薬の強さはどれくらいで、花粉症の薬で起こりうる副作用にはどのようなものがあるのか?

花粉症の薬を飲み始めるべき時期について紹介します。

花粉症の薬の強さはどれくらい?


花粉症の薬には様々なものがあります。

そんな花粉症の薬の中で、もっとも効果が強い薬と言われているのは、アレロック、ジルテック、ザイザルの3つです。

アレロックはヒスタミンの受容体をブロックする事により、アレルギーの諸症状を抑えてくれますが、口の渇きや眠気がひどくでて、集中力や運動能力が低下します。

ジルテックも口の渇きや眠気がでて、他に倦怠感、口渇、嘔気、浮動性めまい、頭痛、発疹などがでる場合があります。

ザイザルはこの中で一番新しいもので、ジルテックから眠気成分だけを取り除いたものになるため、薬の強さは維持しつつ副作用である眠気が少ないものになっています。

アレロック、ジルテック、ザイザルに次いで強い薬といわれているのが、アレジオンとアレグラです。

どちらも処方薬と同じ薬ですが、ドラッグストアや薬局でも手軽に買うことができます。
強い薬にみられる口の渇きなどの副作用はほとんどみられません。

比較的速効性で、持続時間も長いほうです。

3番目に強い薬は、クラリチンです。

花粉症への効果は弱いのですが、眠気などの副作用も少ない薬です。

スポンサードリンク

仕事中に眠気を防ぎたい、パイロットや運転手などの交通関係の仕事をしている人に処方されます。

クラリチンは安全性の高さから長期の服用に適しているので、花粉症だけではなく、ハウスダストなど通年のアレルギー症状の薬としてもよく使われています。

花粉症の薬で起こりうる副作用


花粉症の薬は効果が期待できるものほど、強い眠気が副作用として起こります。

また、口や喉の渇きもよくみられます。

これは薬が中枢神経に働きかけるために起きると言われています。

また、抗ヒスタミン薬の中には、便秘・下痢を引き起こす可能性のある薬もあります。

その他にも「セレスタミン配合」の薬は連用することによって、肥満症を引き起こす場合があるとされています。

スプレー噴射タイプの点鼻薬は、鼻水症状を止めるための薬ですが、鼻の奥と喉の渇きや乾燥するなどの副作用が起きることがあります。

それから、抗アレルギー薬の多くの場合で、月経の周期が短くなる頻発月経で、恐らく無排卵周期症を引き起こし月経不順が副作用として挙げられます。

花粉症の薬を飲み始めるべき時期とは?


アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤は、花粉が飛散し始める2週間前から服用するのが良いとされています。

症状が出てから薬を服用するよりも、症状が出る前から薬を服用していた方が、症状が出ても軽減されると言われています。

また症状が出てから薬を服用すると、その効果は半減すると言われています。

症状が出る前からの対策が重要なポイントとなります。

まだ症状がないうちには、副作用が少ない弱い薬から服用し、調節していきましょう。

また花粉がいつから飛散するのか情報をチェックし、耳鼻科などで医師の判断を仰ぐようにすると安心ですね。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kasi7

下肢静脈瘤の予防で日常気をつけることと妊婦さんが気をつけること

下肢静脈瘤は下肢に血液がたまってしまう病気です。 下肢に血液がたまってしまうとデコボコと血管が浮かんで見た目が悪くなるだけでなく、かゆみが出たり、かきすぎて皮膚炎になったり、色素沈着したりしてしまいま …

0223karadakayui

体がかゆいのはダニのせいかも?刺されないための対策方法

体がかゆいのはダニのせいかもしれません。 ダニに刺されるとかゆいだけではなく、ひどい腫れが起こることもあります。 また、間違った対処の仕方をすると、その症状が長引くことがあります。 そこで、ダニに刺さ …

0306sigaisen

紫外線対策の必要性は?いつからはじめるべきなの?

紫外線対策の必要性を感じているでしょか? 何も気にせず浴びている日光、これが将来シミなどになってしまうのはご存知だと思いますが、紫外線対策の必要性を軽くみたため、病気になったりしてしまうこともあります …

kasi1

下肢静脈瘤の症状と原因は?目に見える4つの血管の症状とは?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という疾患をよく耳にするようになりました。 下肢静脈瘤は妊娠中に出る方も多いそうで、妊婦さんの約2割が発症しています。 他にも出やすい人がいます。 そこで、下肢静脈 …

0213onara

おならがよく出る病気と病気で臭い場合とがんとの関係とは?

おならがよく出るのは病気が関係しているのかもしれません。 おならが出るのは健康な証拠と言われますが、病気が原因でよく出ていることだってあるのです。 そこで、おならがよく出る病気とおならが臭いのは、病気 …