健康

下肢静脈瘤の手術でストリッピングとスタブ・アバルジョンとは?

投稿日:

下肢静脈瘤の治療として手術があります。

もちろん、静脈瘤のタイプや患者さんの状態によって出来ない場合がありますが、出来るのでしたら、ほとんどが日帰りで済みますし、根本的に疾患を治す方法でもあるのでメリットは大きいです。

そこで下肢静脈瘤の手術方法の代表的なストリッピング手術とスタブ・アバルジョン手術について紹介します。

下肢静脈瘤の手術


下肢静脈瘤の治療と言えば、一般的には手術によるものです。

ほとんどが日帰りで出来てしまいます。

根本的に疾患を治す方法でもあるので、希望する方が多いですが、静脈瘤のタイプや患者さんの状態によって出来ない場合があります。

静脈瘤のタイプとして出来ないものは、クモの巣状下肢静脈瘤と網目状下肢静脈瘤です。
この場合には、下肢の静脈瘤に薬を注射して固めてしまう硬化療法という治療になります。

治るに半年ぐらいかかります。

手術が出来る場合というのは、基本、血管がボコボコと出た伏在型と呼ばれるタイプの下肢静脈瘤となります。

この手術は保険適用となりますので、4~5万円で出来ます。

下肢静脈瘤の手術  ストリッピング手術とは


下肢静脈瘤の手術は、静脈を切除する「ストリッピング手術」が代表的な方法です。

ストリッピング手術は、伏在型静脈瘤の全てに対応出来ます。

すでに静脈が太くなっている場合やデコボコが大きくなっている場合に特にオススメです。

時間も1~2時間くらいで終わります。

スポンサードリンク

ストリッピング手術は、クリニックによって方法は若干違いますが、基本は太ももとひざの内側の2ヶ所を小さく切り、静脈の中に細いワイヤーを入れて、ワイヤーごと静脈を抜き取る手術です。

逆流してしまった静脈を抜き取ることによって、別の健康な静脈へと血液を流すことで、足の血液の流れを回復させます。

以前は、全身麻酔や脊椎麻酔で行われていたので入院が必要でしたが、現在ではほとんどが日帰りで受けられるようになっています。

しかし、体への負担が大きく、手術後の痛みや出血などのリスクがあるとされています。
体力のある若い方に向いている手術の方法です。

下肢静脈瘤の手術  スタブ・アバルジョン手術とは


下肢静脈瘤の手術の代表的な方法は、静脈を引き抜いてしまうストリッピング手術ですが、静脈を引き抜いてしまうかわりに、静脈を焼いてふさいでしまう手術があります。

これを血管内治療と言い、高周波による治療とレーザーによる治療があります。

この手術は細い管を病気になった静脈の中に入れ、内側から熱を加えて焼いてしまうものです。

焼いた静脈は焼肉のように固く縮んでしまい、治療後約半年で吸収されてなくなってしまいます。

この時に特殊な器具を使って1~3mm程度の非常に小さい傷だけで静脈瘤を切除する方法があり、スタブ・アバルジョン手術と呼ばれています。

スタブ・アバルジョン手術は、保険適用で日帰りで治療ができ、傷が小さいため縫う必要がなく、傷痕が残りにくく、痛みも少ないですし、ストリッピング手術よりも体に負担が少ない手術方法です。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

noro

ノロウィルスとは?感染経路は?おもな症状と潜伏期間の時期

ノロウィルスは毎年日本で流行し、しかも集団感染するので厄介な症状ですね。 日本だけではなく、世界各地に大きな被害をもたらしています。 ノロウィルスの感染者は非常に多く、食中毒患者のうちの3割以上を占め …

kafunchusha

花粉症が一回で治る注射とは?花粉症対策の注射の種類と効果

花粉症対策を注射でおこなう方法があります。 どんな薬も思うように効かないといった、重症の花粉症の悩みを解決できるものとして注目されています。 一回の注射で花粉症が治ったとか一ヶ月近くは治るなんてネット …

0116sutoresu

ストレスで回復させるのが難しいのは?ためやすい物事の考え方

ストレスをためている方が増えています。 回復させることが難しいストレスもあります。 また、現代人は時間に追われていて、ストレスをためやすい物事の考え方をついしてしまいます。 親が感じているストレスとい …

masuku2

さまざまな立体マスク 超立体、メガ立体、竹炭の立体マスク

立体マスクは花粉症対策に効果が高いとして人気ですが、今はいろいろなタイプの立体マスクがあります。 医療用に作られたものも私たちが手に入れることも出来るようになっています。 いろいろある立体マスクの中か …

ha1

歯周病対策には歯ブラシ選びと定期的に歯科医で点検してもらう

歯周病対策として当たり前のように毎日歯磨きをしているにもかかわらず、歯周病になってしまう方が大半です。 なぜ毎日ちゃんと磨いていたのに歯周病になってしまったのでしょうか。 そこで、歯周病対策には歯ブラ …