健康

歯磨き力ってなに?歯磨き以外の歯周病予防とは?

投稿日:

歯周病を予防するするのに「歯磨き力」という考え方があります。

歯磨き力と言う言葉を聞いたことがある方は少ないかもしれません。

そこで、歯磨き力とはなにかと歯磨き以外の歯周病予防について紹介します。

歯周病予防のための歯磨き力とは


歯周病を予防で、歯磨き力という考え方があります。

これはどういうものかというと、しっかりと確実に歯磨きを行うことができる力をつけるということで、歯周病や虫歯を予防することができると言う考え方です。

つまり、効果の高い歯磨きの方法を習得するということです。

歯磨きとは、単に歯ブラシでゴシゴシと擦ればいいというものではありません。

目的な何かを考えて磨くことが大切なのです。

歯磨きの目的は歯垢を取り除くことです。

歯垢は歯周病の原因となる細菌の塊ですので、放置しているといずれは細菌が歯茎の奥深くに侵入していきます。

歯磨き力の第一歩として、自分に合った歯磨きの方法を学びましょう。

それが歯磨き力をつけるということにつながるのです。

歯周病予防のための歯磨き


歯周病予防のためには、歯磨き力をつけることですが、具体的にはどうすればいいでしょうか。

まずは歯ブラシを選ぶことです。

歯ブラシには様々な形のものが市販されていますが、主には先の細い歯ブラシと幅の広い歯ブラシがあります。

スポンサードリンク

電動歯ブラシもありますね。

これらのどれを使用するのが一番良いのでしょうか。

実はどれでもかまいません。

重要なのは自分に合っているかどうかということなのです。

歯磨きが苦手な方や高齢者の方は、幅が広い歯ブラシを使用しましょう。

また、硬さは柔らかめのタイプを選んでおけば歯茎を傷めるリスクが下がります。

ヘッド部分が細くなっているワンタフトブラシを使用すれば奥歯の先まで磨くことができます。

歯肉炎になっていると歯ブラシを当てた時に痛みを感じて、出血することもあるでしょう。

それでも歯磨きは止めてはいけません。

歯磨きを止めてしまうと、歯肉炎がさらに進行するだけです。

歯磨き以外の歯周病予防


歯周病予防として歯磨きは欠かせません。

それ以外にやるべきこととしてまず、挙げられるのが歯磨き後のうがいです。

フッ素や消毒効果のあるうがい液で口の中をすすぐようにしましょう。

実は歯磨き以外のおすすめの歯周病予防などありません。

確実に歯磨きをすることが一番の予防法だからです。

自分ではきれいに磨いているつもりでも、意外と歯垢が残っていることが少なくありません。

そのため結果として歯周病予防になっていないのです。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kouketusupli

高血圧用サプリメントで高血圧は改善できるの?成分と効果は?

高血圧用サプリメントを服用することで本当に血圧は下がるのか、改善できるのか疑問をお持ちの方も多いですね。 実際、効果を得られていたり、改善されている方も多いです。 しかし、ただサプリメントを服用するだ …

no image

おならが多い原因とは?おならが多くなる病気や加齢との関係とは?

おならが多いと悩んでいる方はたくさんいます。おならは誰ものがでるものですが、自分は他の人に比べて多いのではないのかとか臭いのではと悩んでいる方が多いのです。 おならが多いのはなぜなんでしょうか?おなら …

kasi4

下肢静脈瘤とエコノミークラス症候群の関係とは?

下肢静脈瘤とエコノミークラス症候群には深い関係があります。 下肢静脈瘤は今すぐに何とかしないと命に関わるというわけではありません。 エコノミークラス症候群は、乗り物に乗らなくてもなるもので、下肢静脈瘤 …

kasi7

下肢静脈瘤の予防で日常気をつけることと妊婦さんが気をつけること

下肢静脈瘤は下肢に血液がたまってしまう病気です。 下肢に血液がたまってしまうとデコボコと血管が浮かんで見た目が悪くなるだけでなく、かゆみが出たり、かきすぎて皮膚炎になったり、色素沈着したりしてしまいま …

kanpan

インナードライにはセラミドが良い?効く改善マッサージとは?

インナードライに悩んでいる女性が増加しています。 しかし、インナードライだということを知らずに他の方法で改善しようとしているため、効果が出ていない方が多い症状でもあります。 そんなインナードライにはセ …