家電

オイルヒーターとパネルヒーターの特徴とは?選び方のポイント

投稿日:

オイルヒーターとパネルヒーターは、ファンヒーターの種類の1つですが、少し特殊な暖め方をします。その方法は、まず機器を高温にしてその放熱で空気の対流を起こし、空気全体を少しずつ暖めていくのです。

オイルヒーターとパネルヒーターの特徴と選び方のポイントについて紹介します。

オイルヒーターの特徴


暖め方
電気で機器内部のオイルを温めて循環させて放熱させます。

オイルヒーターの特徴は、電源を切っても余熱で暖かさが残ることです。また、ファンがないので、ほこりが舞ってしまう心配がありませんし、ハウスダストによるアレルギーも気にしなくて済みます。

オイルヒーターは運転中の音がとても静かなことも特徴です。ヤケドの心配も少ないので、小さな子どもさんがいるご家庭でも安心して使用できるヒーターです。

デメリット
電気でオイルを暖めてからそれを循環させて放熱する仕組みのため、部屋が暖かくなるのに時間がかかります。

そのためタイマー機能が付いているものが必須と言えるでしょう。タイマーを有効に活用して暖かい部屋作りをしなければオイルヒーターの魅力が半減してしまいます。また、重いものがほとんどです。

パネルヒーターの特徴


暖め方
オイルを暖めるオイルヒーターと違って、電気やガスで温め、機器の放熱によって部屋を暖めます。

スポンサードリンク

パネル型の広い面積を持った暖房器具のためオイルヒーターに比べると、比較的早く暖まります。

薄く機器の重さも軽いものが多いので、持ち運びもとても便利です。パネルで覆われていますし、火を使わないのでお子さんや高齢者の方の利用にも向いている安全性の高い暖房器具です。

デメリット
大きな部屋で使うとそれほど暖かくならなかったり、消費電力が高く電気代が高くなったりします。

狭い場所を短時間暖めるという使い方などメインの暖房器具の補助的な使い方に向いている器具です。

選び方のポイント


消費電力
消費電力が高く電気代が高くなりがちなので、機種の消費電力と適応畳数を確認することです。

まず、日本の家庭用のコンセントは、最大で1500Wです。そして、消費電力は最大でも1500Wということで、部屋の大きさで表すと10畳が限界となります。そのため、1台では大きい部屋を十分に暖めることは難しいです。機種によっては1500Wでも8畳が限界という製品も少なくありません。

省エネ
本体価格は高くなりますが、省エネ性能の優れたモデルも販売されています。

長時間使う目的で購入を考えているのでしたら、電気代が安くなる省エネタイプのものも検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

-家電
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0327eakon

エアコンのフィルターを掃除することによる効果と掃除方法・頻度

エアコンは、今や一年を通して活躍してくれる快適に過ごすためには欠かせない家電の1つですね。 そんなエアコンの本来の機能を十分に発揮してもらうためには、フィルターを定期的に掃除する必要があります。 エア …

kashitsu

加湿空気清浄機のメリットとデメリット

部屋のホコリなどを吸い取ってくれる空気清浄機ですが、これに加湿器がついたタイプのものが加湿空気清浄機として販売されています。 スポンサードリンク この製品について気になるのが、空気清浄機と加湿器の相性 …

1216fan

ガスファンヒーターの特徴とプロパンガスなら注意すべきこと

ガスファンヒーターは、暖房器具の中でも暖房の効果が高いものとなるので、使用している方も多いでしょう。しかし、あなたの家のガスがプロパンなら、気にすべきことがあります。 ガスファンヒーターの特徴とプロパ …

petbottle

人気のペットボトル加湿器のメリットとオススメ商品

ペットボトル加湿器は、ここ数年で急激に広まっている簡易型の加湿器ですね。 乾燥する時期になると大活躍するペットボトル加湿器ですが、これを使うメリットとはどういったことなんでしょうか? そこでペットボト …

1222inuneko

ヒーターは犬を飼っている場合、何を気をつけるべき?

ヒーターは寒い季節に大活躍してくれる暖房器具ですが、室内で犬を飼っている場合、ヒーターは必要なのでしょうか? また、使うのでしたら、いくつか気をつけるべきことがあります。 そこで、ヒーターは犬を飼って …