ライフスタイル

カーリースは法人だとお得なの?カーリースのトラックとは?

投稿日:

カーリースは法人だったら導入した方がメリットが多い車の乗り方なのでしょうか。税金面での優遇等はあるのでしょうか。

また、トラックのような特殊な車両でもリースで利用することはできるのでしょうか。

そこで、カーリースは法人だとお得なのかについてとカーリースのトラックについて紹介します。

カーリースは法人は得?


カーリースの利用は、法人だったら得なのでしょうか?

大手企業や順調に業績を上げている企業なら、すべての社用車を購入し維持していくことは、大変なことではないかもしれません。しかし、資金繰りに苦労されておられる企業も少なくないと思いますし、起業したばかりならば少しでも出費は抑えたいもんですね。

経費や費用から考えて社用車のリース化は、小規模法人や個人事業主だったら導入した方がよいでしょう。リースは会社での利用だからといって割高になることがありません。個人と同じように月々一定の金額で利用することができます。

季節によって売上にかなりの差が生じる業種もあります。そういう時でも一定の額で済むというのは、経営する側からすると助かる話です。

カーリースは法人は経費?


法人がカーリースを利用することのメリットとして、リース費用は全額、経費処理ができることが挙げられます。そうです、カーリース利用代金は、法人でしたら経費にできるのです。資産計上しなくて経費として計上するだけでいいのです。

スポンサードリンク

ちなみに、起業が車を購入した場合、資産に該当しますので、減価償却することとなります。これは課税の対象になります。確実に乗りつぶしてしまう位、走行距離が増えてしまう業種なら購入の方が得ですが、そうでない起業や個人事業主なら、リースの契約を一度は考えてみてはいかがでしょうか。

カーリースのトラック


カーリースは企業の利用もとても多い車の乗り方です。カーリースで使用する車は、何も移動に使う手段としての車とは限りません。

仕事に使う車をカーリースによって調達している会社はたくさんあります。そのため、トラックなどの大型車もリースが存在します。一昔前の運送業では大型車を購入し業務にあたるのが一般的でした。しかし、今では、リースを利用する会社がとても増えています。

カーリースのトラックといっても様々な車種に対応しています。例えばバン、平ボディ、ウィング車、冷凍車、冷蔵車、保冷車などがあります。ダンプやタンクローリーなどの特殊車両もリースできるようになっています。

トラックばかりではありません。観光バスやマイクロバス、路線バス、コミュニティバスなどもあります。さらにさらにタクシーまでもあります。このような車両は、大手ディーラーやメーカーでは塗装、特装車も依頼が可能となっています。

カーリースを利用することで経費の節約になるかもしれません。一度詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

-ライフスタイル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0918kamo

カモミールの効能とカモミールティーにオススメの種類とは?

カモミールと言えば、ハーブティーとして飲み物というイメージとアロマにして、香りを楽しむ、エッセンシャルオイルとして使用するなどのイメージが強いですね。 そんなカモミールですが、中世までは薬草として用い …

0922rose

ローズヒップの効能とは?ローズヒップティーとジャムの作り方

ローズヒップはビタミンが豊富なことで有名です。 毎日ローズヒップを摂取し、ビタミンを補給するようにしましょう。 そこで、ローズヒップの効能とローズヒップを手軽に摂取するためのローズヒップティーの作り方 …

0105car

カーリースは途中解約できるの?カーリースとレンタカーの違い

カーリースしたけど諸事情により解約したい。このようなことが起きないとは限りませんね。 所有している車は不要になったら売却すればいいですが、カーリースの契約をしている場合、簡単に解約することは可能なので …

0829moufu

快眠度が高い純毛毛布って何?冷え性にオススメの温泉毛布とは?

毛布には様々な種類のものがあり、素材によって値段も全然違います。 快適な睡眠を得るためには純毛毛布がオススメです。 また、冷え性で悩んでいるのでしたら、温泉毛布というものがあるのでオススメです。 快眠 …

0313akachan

赤ちゃんに日焼け止めはいつから使っても良いの?オススメと落とし方

赤ちゃんに日焼け止めはいつからなら使っても良いのでしょうか? 紫外線のダメージは、幼い頃から蓄積されるので、なるべく早く対策してあげたいですね。 しかし、赤ちゃんの肌は弱いですから生後何ヶ月からなら大 …