健康

インナードライと乾燥肌の違いとは?化粧水とファンデーションはどうする?

投稿日:2015年11月6日 更新日:

chakuatu

インナードライは乾燥肌と間違えられやすい症状です。

なかにはインナードライというものを知らない方もいますので、乾燥肌だと思っていて、インナードライが原因で自分の肌が乾燥しているとは思っていない場合というのが多く見られます。

その結果適切な乾燥対策を行うことができないでいますから、ますます肌を乾燥させてしまっているのです。

そこでインナードライと乾燥肌の違いについて紹介します。

また、インナードライの改善に良い化粧水とインナードライの場合、ファンデーションはどうしたら良いのかについても紹介します。

インナードライと乾燥肌の違いとは?


インナードライと乾燥肌の違いは、肌の表面がテカっているのに内部が乾燥しているのがインナードライで、乾燥肌はその名の通り乾燥してしまっている肌をしているものです。

要するにどちらも肌の内部が乾燥しているのです。
表面が皮脂で脂っぽいか否かの違いです。

インナードライの方は、本当は乾燥肌であるにも関わらず、表面が皮脂でベタベタしているので、オイリー肌の対策をしてしまっている方がいます。

また、インナードライの状態が年間を通してではない方もたくさんいます。
紫外線のダメージが蓄積する時期だけインナードライになってしまう方も多いです。

インナードライの改善に良い化粧水とは?


インナードライを改善するのに化粧水は大活躍してくれます。

スポンサードリンク

インナードライだと肌の内部が乾燥している状態なので、化粧水を使った保湿によって肌の内部を改善していきましょう。

どのような化粧水を使っても、インナードライの改善はある程度できることでしょう。

しかし、浸透力の高い化粧水を選んでスキンケアすることをおすすめします。
その方が早く効果が期待できるからです。

また、化粧水での改善の効果を高めるには洗顔の仕方も重要になります。
洗顔方法によっては、必要な皮脂までもが落とされてしまい、インナードライの症状の悪化を加速させることにもなりかねません。

化粧水でも保湿効果を上げるためにも力強くゴシゴシと顔を洗うようなことはやめましょう。

インナードライの場合、ファンデーションはどうする?


インナードライの場合でも化粧はしますよね。
ファンデーションも何でも良いというわけではなく、インナードライの事を考えなければいけません。

インナードライであることに気が付かず、皮脂が多いからとオイリー肌用のファンデーションを使うと、インナードライの肌には当然合いませんので、ファンデーションを使っても綺麗に仕上がりません。

インナードライ用のファンデーションには、リキッド、パウダー、クリームの3種類がありますが、リキッドやクリームを使う方が多いです。

どのタイプが自分の肌に合うのか判断が難しい場合には、美容部員の方に相談されると良いでしょう。

インナードライの肌でもその肌の状態に合ったファンデーションを選んでくれますよ。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kasi1

下肢静脈瘤の症状と原因は?目に見える4つの血管の症状とは?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という疾患をよく耳にするようになりました。 下肢静脈瘤は妊娠中に出る方も多いそうで、妊婦さんの約2割が発症しています。 他にも出やすい人がいます。 そこで、下肢静脈 …

nanchou4

おたふくかぜに罹ったら難聴に注意 様々な難聴になる原因

おたふくかぜに罹ったら難聴にも気をつけて下さい。 おたふくかぜは、ほとんどが子供のうちに罹る症状ですが、その原因となるウイルスの影響で難聴になってしまうこともあります。 これをムンプス難聴といいます。 …

petbottle

水素水を比較|濃度ってどれくらい?高い方がいいの?

水素水はここ数年話題になっていますね。 私も友人の勧めで水素水を飲み始めました。 最初は水素が1.0ppm入っている高濃度水素水を半年間飲み続けました。 代謝もよくなり、効果を実感していました。 そう …

kouketusupli

高血圧用サプリメントで高血圧は改善できるの?成分と効果は?

高血圧用サプリメントを服用することで本当に血圧は下がるのか、改善できるのか疑問をお持ちの方も多いですね。 実際、効果を得られていたり、改善されている方も多いです。 しかし、ただサプリメントを服用するだ …

ha4

歯周病に注意する|歯周病予防とスケーリングの重要性

歯周病を予防することは健康と深く関係しています。 歯周病は歯だけでなく、思いもよらぬ病気を招くきっかけになる可能性があるとても怖いものです。 そこで、歯周病に対しては常に注意しなければいけないことと歯 …