健康

インナードライと乾燥肌の違いとは?化粧水とファンデーションはどうする?

投稿日:2015年11月6日 更新日:

chakuatu

インナードライは乾燥肌と間違えられやすい症状です。

なかにはインナードライというものを知らない方もいますので、乾燥肌だと思っていて、インナードライが原因で自分の肌が乾燥しているとは思っていない場合というのが多く見られます。

その結果適切な乾燥対策を行うことができないでいますから、ますます肌を乾燥させてしまっているのです。

そこでインナードライと乾燥肌の違いについて紹介します。

また、インナードライの改善に良い化粧水とインナードライの場合、ファンデーションはどうしたら良いのかについても紹介します。

インナードライと乾燥肌の違いとは?


インナードライと乾燥肌の違いは、肌の表面がテカっているのに内部が乾燥しているのがインナードライで、乾燥肌はその名の通り乾燥してしまっている肌をしているものです。

要するにどちらも肌の内部が乾燥しているのです。
表面が皮脂で脂っぽいか否かの違いです。

インナードライの方は、本当は乾燥肌であるにも関わらず、表面が皮脂でベタベタしているので、オイリー肌の対策をしてしまっている方がいます。

また、インナードライの状態が年間を通してではない方もたくさんいます。
紫外線のダメージが蓄積する時期だけインナードライになってしまう方も多いです。

インナードライの改善に良い化粧水とは?


インナードライを改善するのに化粧水は大活躍してくれます。

スポンサードリンク

インナードライだと肌の内部が乾燥している状態なので、化粧水を使った保湿によって肌の内部を改善していきましょう。

どのような化粧水を使っても、インナードライの改善はある程度できることでしょう。

しかし、浸透力の高い化粧水を選んでスキンケアすることをおすすめします。
その方が早く効果が期待できるからです。

また、化粧水での改善の効果を高めるには洗顔の仕方も重要になります。
洗顔方法によっては、必要な皮脂までもが落とされてしまい、インナードライの症状の悪化を加速させることにもなりかねません。

化粧水でも保湿効果を上げるためにも力強くゴシゴシと顔を洗うようなことはやめましょう。

インナードライの場合、ファンデーションはどうする?


インナードライの場合でも化粧はしますよね。
ファンデーションも何でも良いというわけではなく、インナードライの事を考えなければいけません。

インナードライであることに気が付かず、皮脂が多いからとオイリー肌用のファンデーションを使うと、インナードライの肌には当然合いませんので、ファンデーションを使っても綺麗に仕上がりません。

インナードライ用のファンデーションには、リキッド、パウダー、クリームの3種類がありますが、リキッドやクリームを使う方が多いです。

どのタイプが自分の肌に合うのか判断が難しい場合には、美容部員の方に相談されると良いでしょう。

インナードライの肌でもその肌の状態に合ったファンデーションを選んでくれますよ。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0424nekoze

猫背の改善方法とメンタルの関係とは?自分に自信がないと猫背に?

猫背の改善方法とメンタルとの関係はあるのでしょうか? 日本の昔の考えが背の高い女性を猫背にしてしまっていたと言っても言い過ぎではないでしょう。 背が高いことは美しいと思うことが猫背の改善方法に繋がりま …

0308sigaisen

紫外線対策の日焼け止めの選び方と効果を得るための時間と量とは?

紫外線対策に日焼け止めを利用されている方も多いと思いますが、使い方次第で効果に違いが現れます。どのように使うことが良いと言えるでしょうか。 紫外線対策の日焼け止めの選び方と日焼け止めスプレーを効果的に …

kasi6

下肢静脈瘤の手術でストリッピングとスタブ・アバルジョンとは?

下肢静脈瘤の治療として手術があります。 もちろん、静脈瘤のタイプや患者さんの状態によって出来ない場合がありますが、出来るのでしたら、ほとんどが日帰りで済みますし、根本的に疾患を治す方法でもあるのでメリ …

rikopin2

リコピンにはこんな効果も!血圧・花粉症・育毛に効果があるのはなぜ?

リコピンはとりわけ抗酸化作用が強いことが分かっています。 抗酸化作用のおかげで、代表的なものとして、成人病の予防をはじめとした健康やアンチエイジング、それにダイエット効果が期待できます。 美白効果もあ …

nanchou

補聴器購入で補助金をもらうのと医療控除を受ける方法

補聴器は普通の大きさの声の会話が聞き取りにくくなった方が使うものです。 だから人によって基準が違います。 自分が日常の会話で聞き取りにくいことが多くなったと感じたら使うものというイメージです。 この補 …