健康

インナードライと乾燥肌の違いとは?化粧水とファンデーションはどうする?

投稿日:2015年11月6日 更新日:

chakuatu

インナードライは乾燥肌と間違えられやすい症状です。

なかにはインナードライというものを知らない方もいますので、乾燥肌だと思っていて、インナードライが原因で自分の肌が乾燥しているとは思っていない場合というのが多く見られます。

その結果適切な乾燥対策を行うことができないでいますから、ますます肌を乾燥させてしまっているのです。

そこでインナードライと乾燥肌の違いについて紹介します。

また、インナードライの改善に良い化粧水とインナードライの場合、ファンデーションはどうしたら良いのかについても紹介します。

インナードライと乾燥肌の違いとは?


インナードライと乾燥肌の違いは、肌の表面がテカっているのに内部が乾燥しているのがインナードライで、乾燥肌はその名の通り乾燥してしまっている肌をしているものです。

要するにどちらも肌の内部が乾燥しているのです。
表面が皮脂で脂っぽいか否かの違いです。

インナードライの方は、本当は乾燥肌であるにも関わらず、表面が皮脂でベタベタしているので、オイリー肌の対策をしてしまっている方がいます。

また、インナードライの状態が年間を通してではない方もたくさんいます。
紫外線のダメージが蓄積する時期だけインナードライになってしまう方も多いです。

インナードライの改善に良い化粧水とは?


インナードライを改善するのに化粧水は大活躍してくれます。

スポンサードリンク

インナードライだと肌の内部が乾燥している状態なので、化粧水を使った保湿によって肌の内部を改善していきましょう。

どのような化粧水を使っても、インナードライの改善はある程度できることでしょう。

しかし、浸透力の高い化粧水を選んでスキンケアすることをおすすめします。
その方が早く効果が期待できるからです。

また、化粧水での改善の効果を高めるには洗顔の仕方も重要になります。
洗顔方法によっては、必要な皮脂までもが落とされてしまい、インナードライの症状の悪化を加速させることにもなりかねません。

化粧水でも保湿効果を上げるためにも力強くゴシゴシと顔を洗うようなことはやめましょう。

インナードライの場合、ファンデーションはどうする?


インナードライの場合でも化粧はしますよね。
ファンデーションも何でも良いというわけではなく、インナードライの事を考えなければいけません。

インナードライであることに気が付かず、皮脂が多いからとオイリー肌用のファンデーションを使うと、インナードライの肌には当然合いませんので、ファンデーションを使っても綺麗に仕上がりません。

インナードライ用のファンデーションには、リキッド、パウダー、クリームの3種類がありますが、リキッドやクリームを使う方が多いです。

どのタイプが自分の肌に合うのか判断が難しい場合には、美容部員の方に相談されると良いでしょう。

インナードライの肌でもその肌の状態に合ったファンデーションを選んでくれますよ。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0422nekoze

猫背を強制するベルトはどれくらいの間着ければよいのか

猫背を矯正するベルトは効果はあります。 しかし、外してしまえば元に戻ります。 猫背を治そうと思ってもそうすぐには改善しません。 個人差がかなり出ます。早い方なら1ヶ月、長い方だと1人年以上もかかると言 …

kasi1

下肢静脈瘤の症状と原因は?目に見える4つの血管の症状とは?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という疾患をよく耳にするようになりました。 下肢静脈瘤は妊娠中に出る方も多いそうで、妊婦さんの約2割が発症しています。 他にも出やすい人がいます。 そこで、下肢静脈 …

0307sigaisen

紫外線対策のグッズを上手く活用して身体を守ろう!

紫外線対策のグッズを上手く活用して厳しい紫外線からあなたの身体を守りましょう。 特に女性にとって強い紫外線は、お肌の天敵です。紫外線を多く浴びると、肌が焼け将来的にシミなどの原因にもなります。 女性に …

vitaminc

ビタミンCは摂り過ぎてはいけない理由とサプリに要注意

ビタミンCといえば、健康に欠かせない栄養素ですね。 張りのある肌の形成や美白効果、それに老化防止にも効果があるので、美容においても必須といえるものであるビタミンCは、女性なら積極的にたくさん摂りたいと …

simoyake2

しもやけの治療法とは?改善方法と予防するための対策

しもやけになると膨れて硬くなったり、痒くなったり。また、熱くなるような感覚を覚えることも。 しもやけは、体質によるものが大きいと言われていますが、皮膚表面の温度と一日の気温差が大きく関係しています。 …