健康

リコピンとは?効果と必要量毎日摂取するにはどうしたらよい?

投稿日:

rikopin

リコピンって言葉は聞いたことがあると思いますが、実際はどういったものなんでしょうか?

リコピンって言うとトマトが思い浮かぶ方も多いと思います。

リコピンはトマトをはじめ、多くの緑黄色野菜に含まれていて、その数は600種類以上と言われています。

リコピンとはどういったものなのか?

その効果とリコピンを必要量毎日摂取するにはどうしたらよいのかについて紹介します。

リコピンとは


リコピンとは、自然に存在する色素のことであるカロテノイドの一種で、トマトをはじめ、ニンジンやスイカ、パパイヤなどの緑黄色野菜に多く含まれていて、現在600種類以上が知られています。

リコピンが注目されたのは、ダイエット効果が期待でき、美白効果や肌がきれいになるなどと言われているからです。

リコピンは、αカロチンやβカロチンに変化する物質で“リコペン”と呼ぶ専門家もいますし、専門的にはそういう風に表記される事も多いです。

そして、リコピンはとても強い抗酸化力を持った物質であるため、体内の活性酸素を除去してくれて、高血圧症をはじめとする成人病の予防やアンチエイジングにも効果が期待できる物質なのです。

最近では、花粉症の対策としても効果があると言われ、様々な商品が開発されているほどまだまだ注目のリコピンと言えるでしょう。

リコピンの効果


リコピンの効果として、一番注目されているのが抗酸化作用です。

特に動脈硬化を引き起こす原因であるコレステロールの酸化を防ぎ、抑制する働きに優れています。

スポンサードリンク

最近では、活性酸素を除去する事によって、癌の予防にも効果が期待出来るという事が分かっています。

そして、大手トマトジュースメーカーが、免疫力アップにも効果があるので、花粉症対策にも効果があると発表し、ますます注目されるようになりました。

また、リコピンには血中の中性脂肪を減らす効果や悪玉コレステロールを減らす効果もあります。

このような効果によって、カロリー代謝を高めて痩せやすい体にしてくれますので、ダイエット効果も期待出来るということで注目されていますね。

リコピンは、健康やダイエット効果が期待されていますが、美白効果もあります。

美白の大敵とされているシミやそばかす、日焼けはメラニンの生成によって起こります。
メラニンの生成を促しているのが活性酸素なのですが、リコピンには強力な抗酸化作用がありますので、活性酸素を除去し、メラニンの生成に必要な酵素を抑える働きをしてくれます。

リコピンを必要量毎日摂取するには


リコピンは必要量を毎日摂取するのが望ましいです。

それにはサプリメントがおすすめです。

リコピンは毎日、どれくらい摂取すれば良いのかというと、15mg以上が望ましいと言われています。

15mgを食品から摂取するとなると、Lサイズのトマトで2個分、プチトマトなら15個以上食べなくてはいけません。

これを毎日だと大変ですし、飽きてもくるでしょう。

そこでサプリメントを上手に活用して、毎日の必要摂取量を維持しましょう。

リコピンのサプリメントには、リコピンと同様に高い抗酸化作用を持っているαカロテンやβカロテン、それにルチンなどが配合されているものが多いですし、おすすめです。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

vitaminc

ビタミンCは摂り過ぎてはいけない理由とサプリに要注意

ビタミンCといえば、健康に欠かせない栄養素ですね。 張りのある肌の形成や美白効果、それに老化防止にも効果があるので、美容においても必須といえるものであるビタミンCは、女性なら積極的にたくさん摂りたいと …

kasi1

下肢静脈瘤の症状と原因は?目に見える4つの血管の症状とは?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という疾患をよく耳にするようになりました。 下肢静脈瘤は妊娠中に出る方も多いそうで、妊婦さんの約2割が発症しています。 他にも出やすい人がいます。 そこで、下肢静脈 …

chakuatu

着圧ソックスとは?履く際に気を付けるべきこととは?

着圧ソックスは女性に大人気の商品ですね。最近では男性にも愛用者が増えているそうです。 しかし使い方が間違ってしまうと足がしびれたり、痛くなったりしてしまうこともあります。 そこで、着圧ソックスとはどう …

haburasi3

歯周病予防に関係する歯ブラシの形とデンタルフロスによる歯垢除去率

歯周病を予防するには歯磨きが大きなポイントとなります。 そうなると磨く道具である歯ブラシがとても重要ということになります。 また、あわせてデンタルフロスを使用する効果はとても高いものがあることがわかっ …

nanchou4

おたふくかぜに罹ったら難聴に注意 様々な難聴になる原因

おたふくかぜに罹ったら難聴にも気をつけて下さい。 おたふくかぜは、ほとんどが子供のうちに罹る症状ですが、その原因となるウイルスの影響で難聴になってしまうこともあります。 これをムンプス難聴といいます。 …