ダイエット 健康

ノルディックウォーキングとは?ダイエット効果とやり方

投稿日:

0308

ノルディックウォーキングって知っていますか?

普通にウォーキングするよりもダイエット効果が高いとして話題になっているウォーキング方法です。

そこで、ノルディックウォーキングとはどのようなものなのか、その効果とやり方について紹介します。

ノルディックウォーキングとは?


ノルディックウォーキングという言葉は知らなくても見かけたことはあるかも知れませんよ。

最近では街でも見かけるようになりましたからね。

スキーのストックのようなものを両手に持って歩いている方を見かけたことはありませんか?

テレビなどでも紹介されている話題のウォーキングで、通常のウォーキングに比べると高いダイエット効果などが期待できます。

ノルディックウォーキングとは、元々クロスカントリースキーの夏場のトレーニングの一環として開発されたものです。

オリンピック種目にもなっているスキー複合は、前半のジャンプと後半のクロスカントリースキーという複合競技ですが、ヨーロッパにおいてはキングオブスキーと呼ばれていて、スキー競技の最高の称号となっているスポーツなのです。

スキー複合は数あるスポーツ競技の中で、水泳よりも全身の筋肉を使うスポーツで、全身の筋肉を使う競技の中では第一位となっています。

ノルディックウォーキングの効果


スキーのストックを持って歩くノルディックウォーキングが話題になっているのは、高い運動効果を得られるからです。

通常のウォーキングをするより同じ距離で多くのエネルギーを消費することが出来るので、ダイエット効果も高いものが得られることになります。

ノルディックウォーキングは普通にウォーキングするよりも約1.5倍のエネルギーを消費すると言われています。

例えば2km歩いた場合、ノルディックウォーキングなら3kmウォーキングした運動量を得ることが出来るのです。

時間換算すると1時間のウォーキングで得られるエネルギー消費量をノルディックウォーキングなら45分で得られることになるのです。

要するに同じ時間ウォーキングするよりも高いエネルギー消費を出来るのですから、それだけダイエット効果も得られることになるので、健康にも良いしダイエットにも効果的として注目されているのです。

スポンサードリンク

ノルディックウォーキングを始めるには


ノルディックウォーキングには何が必要かというと、手に持つポールだけ。

とりあえずポールだけあれば、他は普通にウォーキングするのもので大丈夫です。

ポールがあれば簡単に始めることが出来ますが、実はこのポール選びが重要なのです。

ノルディックウォーキングの習熟によって長さを変えていきますので、長さが変えられる伸縮ポールがオススメです。

持ち運びの観点からも伸縮タイプがオススメです。

ポールを使ったノルディックウォーキングのやり方ですが、オススメは歩き方の講習を受けることです。

とにかくポールを突いて歩けば良いというものではありません。

我流でやってしまうとなかなか本来のノルディックウォーキングの効果は得ることが難しいのです。

全国各地で愛好団体が講習会や体験会を開いていますので、参加されることをオススメします。

講習は半日程度で、ウォーキングですからコツを教えてもらえば、簡単に効率よく通常のウォーキングよりも高い運動消費量やダイエット効果を得ることが出来るようになりますよ。

ノルディックウォーキングはポールがポイント


ノルディックウォーキングはポールを使って行なうというのがポイントなわけですが、一体ポールを使うだけで何が変わってくるのでしょうか。

まずはポールで自身の身体を押すようになりますので、自然と歩幅が伸び、歩くスピードが早くなります。

通常のウォーキングのスピードが時速4km程度の方が多いのですが、ポールを使うことによって自然と6km程度になります。

同じ時間でより長い距離を歩くことになるので、高い運動量が得られます。

両手にポールを持って地面を押しながら歩くことによって、胸を開き姿勢が自然と良くなります。

また、通常のウォーキングに比べかなり腕を使うことになるため上半身や腹筋、背筋を使うことになります。

通常のウォーキングに比べるとポールを使うことで、膝や腰への負担が小さくて済むので、実は身体に優しい運動となるのです。

ポールはウォーキングだけではなく、ウォーキングの前後にも活躍してくれます。

前後に行なうストレッチにも有効活用しましょう。

ポールを使った室内で行なうトレーニングもありますので、ウォーキングが出来ない時でもポールは大活躍してくれます。

ポールを使った室内で行なうトレーニングの方法は講習で教えてもらえますよ。

スポンサードリンク

-ダイエット, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

hie3

末端冷え性の対策とは?漢方とツボの刺激が有効

末端冷え性になると、日々の日常生活にも支障が出てきてしまいますので、早急に対策をしましょう。 対策をすることで本格的な冷え性になる前に症状を改善してしまいましょう。 そこで末端冷え性の対策にはどのよう …

kasi1

下肢静脈瘤の症状と原因は?目に見える4つの血管の症状とは?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という疾患をよく耳にするようになりました。 下肢静脈瘤は妊娠中に出る方も多いそうで、妊婦さんの約2割が発症しています。 他にも出やすい人がいます。 そこで、下肢静脈 …

haburasi3

歯周病予防に関係する歯ブラシの形とデンタルフロスによる歯垢除去率

歯周病を予防するには歯磨きが大きなポイントとなります。 そうなると磨く道具である歯ブラシがとても重要ということになります。 また、あわせてデンタルフロスを使用する効果はとても高いものがあることがわかっ …

hibun2

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。 飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見 …

Generic3

ジェネリック医薬品、厚生労働省の考えと切り替えは得?

ジェネリック医薬品は、日本においては、欧米諸国に比べるとまだまだの普及率で、半分以下と言われています。 これには医学界との関係など複数の原因があるのですが、そのひとつが安全性に対する信頼度が低く、お医 …