ライフスタイル

冬至にかぼちゃを食べる理由と運気を上昇させる風習

投稿日:

kabocha

冬至と聞くとかぼちゃとゆず湯が一番に浮かんできますが、そもそも冬至にかぼちゃを食べる習慣になったのはなぜなのでしょうか?

かぼちゃは夏の季節に旬を迎える野菜ですが、なぜ冬至の日に食べるようになったのでしょうか?

冬至にかぼちゃを食べる理由と運気を上昇させる風習について紹介します。

冬至とかぼちゃの結びつき


冬至の日のゆず湯は体を温めると言われています。
そしてかぼちゃは風邪をひかないように食べなさいと勧められた思い出があります。

かぼちゃには、カロチンとビタミンAという栄養素が多く含まれています。
この二つの栄養素は風邪の予防になることがわかっています。

現代では、温室栽培などで、冬にも夏野菜が食べられるようになりましたが、昔は冬は野菜もほとんど取れず、寒い冬を越すのは命に関わることでした。

夏にとれたかぼちゃを冬まで保存し、貴重な栄養素のひとつとしてかぼちゃが冬に無病息災を祈願して食べられていたようです。

スポンサードリンク

その風習が今もしっかり受け継がれているのです。

冬至に食べるかぼちゃは運盛りになる


冬至には「ん」が最後につく野菜を食べると運気が上がるとか、厄除けになると言われ、運盛りという縁起担ぎの風習があります。

かぼちゃは別名は南京(なんきん)と言い、「ん」がつく、つまり運がつくと言われていました。

かぼちゃの他にも、れんこんや、にんじん、きんかん、ぎんなん、寒天、うどんなど全部で「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれ、運盛りという、運気を上昇させる風習が残っているのです。

冬至にかぼちゃを食べるもうひとつの理由


かぼちゃは夏の取れる野菜ですが、陰陽思想で考えると、夏が陽で、冬は太陽に日照時間も短くなることから陰と考えられています。

冬至の日は、太陽の日照時間が1年の中で一番短い、陰が極まる日でもあります。
その日に、陽の季節のものを食べて、陽の力を補おうとしたようです。

かぼちゃは野菜の中でも保存がきく食べ物なので、冬には貴重な重宝な食物だったのでしょう。

現代では季節に関係なく、野菜も魚もお肉も手に入る世の中になりましたが、こういった風習には意味があるので、大切にしながら、夏には夏の旬の野菜を、冬には冬の旬の野菜を食べて、健康な体づくりをしていきたいですね。

スポンサードリンク

-ライフスタイル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0813kimuchi

発酵食品であるキムチの漬け込み方とは?キムチのレシピ

発酵食品で韓国や朝鮮のものというとキムチが真っ先に浮かんでくるのではないでしょうか。 韓国では、普通の食事ならスープとキムチは絶対的に出てくるものというくらいです。 そんな発酵食品であるキムチの漬け込 …

hakamajosi

小学生の卒業式で袴が女子に人気な理由と袴に合うヘアスタイル

小学校の卒業式で袴を履くのが人気となっています。 おしゃれな子供たちにとって、小学校の卒業式というのは、成人式に匹敵するくらい大事で大きなイベントになっているんだそうです。 そのイベントで最近じわじわ …

0313akachan

赤ちゃんに日焼け止めはいつから使っても良いの?オススメと落とし方

赤ちゃんに日焼け止めはいつからなら使っても良いのでしょうか? 紫外線のダメージは、幼い頃から蓄積されるので、なるべく早く対策してあげたいですね。 しかし、赤ちゃんの肌は弱いですから生後何ヶ月からなら大 …

sinsa

入居審査に落ちる人のタイプと入居審査の基準 どうすれば通りやすい?

入居審査があるって知らない方もいますね。 部屋を借りるだけなのに審査があるの?という方が結構います。 部屋を借りるということは、お店で買物をしてお金を払うのとは違います。 同じ払うにしても、家主と賃貸 …

0105car

マイカーリースのメリットとデメリットとは?

マイカーリースを利用する方が増えてきています。以前は会社や個人事業主が主でしたが、現在では学生さんが利用したり、シルバー層が利用したりと幅広い年代が利用しています。 車を購入するとなるとまとまった出費 …