健康

風邪をひいたらリンゴを食べよう 効果とひいた時のレシピ

投稿日:

kaze

風邪をひいたらリンゴ、こういう家庭も多いのではないでしょうか。

子供の頃、そうだったという記憶がある方も多いのではないでしょうか。

これはもちろんリンゴが風邪に効果があるからいわれるわけです。

風邪をひいたらリンゴを食べようといわれるのはその素晴らしい栄養が効果があるからです。

リンゴは皮までもが効果があるので捨てずに最大限利用できる素晴らしい果物といえます。

そんな風邪に効くリンゴの効果とひいた時のリンゴのレシピについて紹介します。

風邪をひいたらリンゴを食べよう


風邪をひいたらリンゴを食べましょう。

本当は風邪を予防する意味で、普段から毎日1個のリンゴを食べる習慣にしておいたほうがよいのです。

仕事などで休みが取れない人は風邪をひいてしまったら病院のお薬や市販薬を飲んでしまいがちです。

しかし、風邪薬は風邪を治すものではなく症状を緩和するものなのです。
咳や鼻水は体内にある悪いものを出そうとしています。

熱は病原菌をやっつけてくれるのです。
そういった症状を無理に抑えることは逆に風邪の症状を長引かせてしまうのです。

子供のころに風邪を引いてお母さんにリンゴを擦ってもらったことはありませんか?
風邪を引いたらリンゴを食べるのが一番なのです。

スポンサードリンク

風邪に効くリンゴの効果


風邪にはリンゴが効きます。
その効果は素晴らしいもんです。

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」という言葉があるようにリンゴにはたくさんの栄養が含まれています。

特にミネラルやカリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。

リンゴに含まれるペクチンには粘膜の保護作用があるので弱った胃腸に効果的です。

リンゴ酸には消炎効果や疲労回復にも効果があります。
また、食物繊維には腸の働きを良くしてくれて消化や吸収の働きを助けてくれます。

下痢などの症状の時にはリンゴを皮ごと擦って食べたり、リンゴを煮て汁ごと食べたりすると効果があるのでおすすめです。

風邪をひいた時のリンゴのレシピ

風邪をひいた時のおすすめレシピを紹介します。

風邪の症状がある時はなかなか食欲もあまり湧いてきません。
胃腸にやさしいくリンゴを上手に取り入れて風邪を撃退してください。

■ホットアップル 
水 200cc・しょうがしぼり汁・リンゴすりおろし 1/4個

お鍋に水、しょうが汁、リンゴのすりおろしを入れてひと煮立ちさせます。
甘みが足りない時にははちみつを少し入れてもいいです。

■煮リンゴ 
リンゴ 2個・水 1/4カップ・砂糖 大さじ1~3・白ワイン 大さじ1・レモン汁 少々
リンゴを皮をむいて8等分に切ります。
お鍋にリンゴ、水、砂糖、白ワインを入れて弱火で10分ほどにて最後にレモン汁を入れます。

風邪 リンゴのレシピ一覧<楽天レシピ>
スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

chakuatu

着圧ソックスとは?履く際に気を付けるべきこととは?

着圧ソックスは女性に大人気の商品ですね。最近では男性にも愛用者が増えているそうです。 しかし使い方が間違ってしまうと足がしびれたり、痛くなったりしてしまうこともあります。 そこで、着圧ソックスとはどう …

0110sutoresu

ストレスは睡眠時間と関係があり、所有することから始まる

ストレスは多くの現代人が感じています。 心身に歪みが起きてしまうストレスは、不眠やうつを始め、内臓疾患などの心と体が不調を引き起こす現代病と言われています。 今や小学生の子供でもストレスの影響で体調が …

kouketusupli

高血圧用サプリメントで高血圧は改善できるの?成分と効果は?

高血圧用サプリメントを服用することで本当に血圧は下がるのか、改善できるのか疑問をお持ちの方も多いですね。 実際、効果を得られていたり、改善されている方も多いです。 しかし、ただサプリメントを服用するだ …

kasi9

下肢静脈瘤の予防・改善にオススメの食べ物と摂取したい栄養成分

下肢静脈瘤を予防・改善するには、食べ物に気をつけたり、必要な栄養成分を積極的に摂取することも大切です。 そこで、下肢静脈瘤の改善にオススメの食べ物となるべく摂取したい栄養成分について紹介します。 下肢 …

kasi1

下肢静脈瘤の症状と原因は?目に見える4つの血管の症状とは?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という疾患をよく耳にするようになりました。 下肢静脈瘤は妊娠中に出る方も多いそうで、妊婦さんの約2割が発症しています。 他にも出やすい人がいます。 そこで、下肢静脈 …