美容

ほうれい線は顔ヨガで頬をリフトアップしよう!

投稿日:

ほうれい線はあるのとないのとでは、見た目の印象がかなり変わってしまうくらい老け顔になってしまうもの。

これを改善していきましょう。

そこでオススメなのが顔ヨガです。

顔ヨガで頬をリフトアップしていきましょう。

ほうれい線対策として効果がある顔ヨガについて紹介します。

頬をリフトアップしてほうれい線を改善


ほうれい線は頬を持ち上げることで、目立たなくなり、引き締まった顔を作ることができるので、老け顔を改善出来ます。

頬を持ち上げるのにオススメのエクササイズがあります。

それが顔ヨガなのです。

頬は垂れてしまうと大頬骨筋のおわりにある口の周りの口輪筋(こうりんきん)にお肉が溜まってしまいます。

これがほうれい線をつくってしまいますので、顔ヨガで顔を立体的にしていき、視覚効果で顔痩せができます。

頬のお肉は下がると、顔全体が下半身太りしたようになります。

顔が大きく見えてしまいますので、改善していきましょう。

頬のリフトアップだけじゃなく、アゴのシェイプも合わせて行い、メリハリのある顔にしていきましょう。

顔ヨガでシンメトリー


ほうれい線対策の顔ヨガで、顔の左右が同じ位置にある「シンメトリー」の状態にしていきましょう。

こうすると、顔がすっきり見えてきます。

口角と目線を顔ヨガで整えることで、顔全体の印象はかなり変わります。

具体的なやり方ですが、まずは目線と口角を右斜め上に向けてください。

この時の注意点としては、額にシワが寄らないようにしてください。

目線は斜め上の天井を見るイメージです。

スポンサードリンク

次に左に頭をゆっくりと倒して首を伸ばしてください。

この時、目線は天井に置いたままで上に向けます。

そのまま10秒ほどキープしてください。

右の方が上がらないようにして側頭部から首筋までしっかりと伸ばしましょう。

反対側も同じようにおこなってください。

頬におだんごを作る顔ヨガ


頬におだんごを作って、頬を持ち上げていきます。

頬におだんごを作り、頬の筋肉に本来の位置を教えてあげます。

頬の筋肉を持ち上げると、笑ったときと同じ、ほうれい線解消効果があります。

イメージとしては矯正下着みたいなものでしょうか。

持ち上げて固定してあげることで、胸やお尻が本来の位置を形状記憶するようになります。

これと同じことを頬の筋肉でやるわけです。

顔の筋肉も繰り返し、本来の位置に戻すことで、形状記憶ができるようになります。

頬におだんごを作る具体的なやり方ですが、まずは顔にシワが寄らないようにした目を大きく開けてください。

上の歯が8本見えるようにしてにっこりと笑いましょう。

そして、そのまま下唇を巻き込むようにして顎を前に突き出してくださいます。

頬におだんごを作るようなイメージで、ほほの筋肉を持ち上げます。

そのまま10秒程キープしてください。

頬に出来たおだんごを指ではさんで持ち上げます。

親指と人差し指で輪っかをつくり、その中に頬のおだんごを入れ、ぎゅっと持ち上げます。

そのまま、また10秒程キープしてください。

顔ヨガで物理的に頬の筋肉を持ち上げることで、ほうれい線を解消していきましょう。

スポンサードリンク

-美容
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0914gowa

肌のごわつきが起きやすいのはいつ?洗顔と乳液で対応しよう!

肌のごわつきは、様々な肌トラブルを招いてしまいます。 また、気をつけたい時期もあります。 また、肌のごわつきを感じたら、どうすればよいのでしょうか。 そこで、肌のごわつきが起きやすいのはいつなのかとご …

0120kukonomi

クコの実の美容力とクコの実を使ったカンタン料理

クコの実は最近とても話題になっていますね。 有名人が食べているということで話題になっていますが、昔から食べられているんです。昔の人も美容のために食べていました。 それほどの凄い実力をもった食材がクコの …

0907pee

ほうれい線には2種類あり、出来方にも2種類ある?出来る4つ原因

ほうれい線は男女問わず出来ると、どんどん深くなってしまい、あるのとないのとでは、見た目の年齢がかなり違って見えます。 老け顔の象徴とも言える存在のほうれい線には実は2種類あります。 そこで、2種類のほ …

0906pee

ピーリングの注意点と顔・体それぞれに対する角質ケアとは?

ピーリングはくすみを改善したりしてくれる素晴らしいものですが、注意して行わなければいけないこともあります。 過剰な角質ケアにならないためにも気をつけることがあります。 ピーリングの注意点と顔・体それぞ …

kanpan2

肝斑はアラサー女性に最も発症しやすい シミとは何が違うの?

肝斑はアラサー女性に最も発症しやすいものです。 シミではあるのですが、いあゆる高齢になるとできるシミとは違います。 肝斑はダイエットが原因でできることもあるので、若いうちから気にかけておいた方が良いで …