健康

歯周病と正しい歯磨きの方法と歯磨きはいつがいいの?

投稿日:

歯周病の一番の対策は歯磨きです。

毎日磨いているから大丈夫と安心してはいけません。

正しい歯磨きをしていなければ磨いていても歯周病予防にはならないのです。

そこで、歯周病を防ぐには正しい歯磨きの方法が重要なことと歯磨きはいつおこなうのがいいのかについて紹介します。

歯周病と正しい歯磨きの方法


歯周病を予防するのに一番の対策となるのは、やはり歯磨きです。

あなたはどのような歯磨きをしていますか。

自分では毎日きれいに磨いているつもりでも、歯医者さんで歯垢が溜まっていると指摘されたことはありませんか。

歯周病は正しい歯磨きが出来ていないために起こる病気と考えていいでしょう。

成人であれば、虫歯ができると削るか、または抜く必要があります。

もし抜くようなことになれば、私たち人間の歯は再生することがないので、差し歯などをしなくてはいけなくなります。

このようなリスクを減らすためにも正しい歯磨きをしましょう。

基本的な正しい歯磨きの方法は、歯並びに合わせて歯ブラシをまっすぐ当て磨くこととなります。

必要以上に強くブラッシングすることは逆効果となります。

ブラッシングは小刻みに動かすことも重要です。

1か所を20回以上、5~10mmくらいで小刻みに動かすことが大切です。

正しい歯磨きの方法はいろいろなサイトに掲載されています。

そういうサイトを参考に正しい歯磨きをしていきましょう。

また、歯医者さんでしっかりと指導を受けるのもオススメです。

スポンサードリンク

歯周病を防ぐには歯磨きはいつ?


歯周病は歯の根元の部分に汚れが付着して、そこにバクテリアが繁殖することで発生してしまいます。

なのでバクテリアの繁殖を抑えるために歯磨きをしっかりとして、汚れを取り除くことがとても重要なのです。

口の中がきれいならバクテリアは繁殖しないので、歯周病になることもありません。

しかしながら、私たちは食事をしないわけにはいきません。

だから、毎日の歯磨きが必要なのです。

1日に何度も歯磨きをするのは面倒だとか、仕事が忙しくて磨けないという方も多いでしょう。

どうしても1日に1回しか磨く時間が無いというのなら、いつ磨くのが良いのでしょうか?
それは夜の寝る前となります。

なぜなら寝ている間は口を閉じているため、歯周病が進行しやすいのです。

寝る前には必ず歯を磨くようにしましょう。

歯周病を防ぐには歯ブラシ選びが重要


毎日歯磨きをすることが歯周病を防ぐ方法となりますが、正しい歯磨きでなければ効果は得られません。

それと合わせて歯ブラシ選びがとても重要になります。

歯ブラシには様々なサイズや形の違うものが存在しています。

あなたの口や歯の形に適した歯ブラシを選んで、正しい磨き方をすることが重要となります。

理想を言えば、奥歯用と前歯用でも違った歯ブラシを使ったりすると歯周病対策の効果が上がります。

自分にあった歯ブラシで念入りに歯と歯茎の間を磨きましょう。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

tomatojuice

リコピンによる副作用とおすすめのトマトジュースのタイプ

リコピンは活性酸素を除去する抗酸化力が強いのが特徴の赤色の色素です。 ですから、赤い食べ物にはかなりの確率で含まれています。 その代表なのがトマトですね。 ほかにも美白効果やダイエット効果、最近では花 …

ryokunai2

白内障と緑内障の違いと白内障を治す唯一の手段とは?

白内障は加齢によって起こる目の病気で、80歳を超えると何かしらの症状がほとんどの方にあらわれます。 この白内障とあわせてよく聞くのが緑内障ではないでしょうか。 この2つの違いについてと白内障には加齢に …

chakuatu

インナードライと乾燥肌の違いとは?化粧水とファンデーションはどうする?

インナードライは乾燥肌と間違えられやすい症状です。 なかにはインナードライというものを知らない方もいますので、乾燥肌だと思っていて、インナードライが原因で自分の肌が乾燥しているとは思っていない場合とい …

hibun

飛蚊症の原因とは?検査方法と改善するにはどうすればよい?

飛蚊症(ひぶんしょう)という言葉を御存知ですか? 飛蚊症とは、その名前の通り、目の前に蚊が飛んでいるように見える事からそう呼ばれています。 飛蚊症の主な原因は老化ですが、最近では若い世代の人達にも飛蚊 …

kasi8

下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている弾性ストッキング

下肢静脈瘤の治療は、基本、手術で静脈切除することになります。 しかし、誰もが手術を受けられるわけではありません。 手術を受けられない場合、予防や改善のために使われているのが弾性ストッキングと呼ばれるも …