ライフスタイル

マイカーリースに格安で乗るには中古車リースがオススメ!

投稿日:

マイカーリースにて車に乗りたいが、できるだけ格安で乗りたい。このような場合、中古車リースがオススメです。

そうです、実は中古車もマイカーリースできるんです。そこで、マイカーリースに格安で乗れる中古車のリースについて紹介します。また、マイカーリースで保障してくれるものについても紹介します。

マイカーリースに格安で乗る


マイカーリースは、リース会社がディーラーさんから車を購入し、それをあなたに毎月一定額の利用料でリースするというものです。基本的にはディーラーさんから新車を購入します。

しかし、少しでも格安で車を乗りたいという方には、リース代が安い中古車のリースをおこなっている会社があるので、こちらを利用するとよいでしょう。これは個人、法人問わずリースが可能です。

リースしたいけど新車はちょっとと思われたり、リースはうれしいけど新車だからリースでも自分には料金が高いなどと思っている方もいるでしょう。マイカーリースを中古車でおこなえば、金額が格安で借りられる車がたくさんあります。

中古車といってもリース会社の認定した安心の中古車を用意してくれています。車種も豊富に数百台のなから選ぶことが可能な会社が多いです。

中古車のマイカーリースの場合、リース契約終了後、そのまま自己所有として乗り続けることができることが多いです。もちろん、自己所有した時点からは税金等は発生します。

スポンサードリンク

マイカーリース中古車のデメリット


マイカーリースを中古車で利用すれば、毎月のリース代は、走行距離が多かったり、年式が古かったりすれば、かなり格安で利用できます。

しかし、デメリットも存在します。新車のマイカーリースではほとんどリース代に含まれている車検代が含まれていないことが多いです。

新車なら付属のカーナビやオーディオに不具合があった場合などの修理もリース代に含まれていますが、中古車の場合、別途有料となることが多いです。

同じマイカーリースでも、新車と中古車では条件が色々と違うので、どこまでを月々のリース代で保証してくれるのかは、しっかりと確認しておく必要があります。せっかく中古車のマイカーリースにして、毎月格安で車に乗れると思ったら、余計な出費が発生していてはメリットがなくなってしまいます。

マイカーリースで保障してくれるもの


マイカーリースでは、契約後、車に不具合が生じた場合、月々のリース代だけで様々な保証をしてくれます。

付属のカーナビやオーディオ、警告灯の点灯などこれらは保障してくれます。定期点検整備費や一般修理費、タイヤ・オイル交換代などはほとんが保障してくれますが、プランによってはこれらを保障しないプランもあります。

マイカーリースが中古車の場合、新車よりも保障が少ないのが一般的です。また、新車でも月々のリース代が格安なほど保障が少ない傾向にあります。マイカーリースを契約する場合には、どこまでを保障してくれるのかも重要なポイントになります。

スポンサードリンク

-ライフスタイル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0109car

マイカーリースと購入との比較|マイカーリースで納車までの流れ

マイカーリースで車の乗ることは、購入して乗るのと比較して何が違うのでしょうか。マイカーリースを申し込む場合、納車までの流れはどのようになっているのでしょうか。 そこで、マイカーリースした場合と購入した …

0812nukaduke

発酵食品である糠漬けの始まりって?発酵食品糠漬けレシピ

糠漬けは糠漬けは発酵食品の一つとなります。 元々は干した大根を糠に漬けた物でしたが、今では様々な食品が漬けられていますね。 そんな糟漬けですが、始まりはどのようなものだったのでしょうか。 糠漬けの始ま …

0821moufu

毛布を洗濯機で洗濯し質の良い洗濯をする方法と毛布にピッタリな洗剤

毛布を自宅で自分で洗濯機にて洗濯すれば、クリーニングに出すことを考えると経済的には、かなり抑えられますね。 しかし、適当に洗ってしまい、肌触りが悪くなっては意味がありません。 毛布を洗濯機で洗濯し、質 …

0104car

マイカーリースとは?マイカーリースの仕組みと契約までの流れ

マイカーリースが人気となっています。車を所有するのはお金がかかるので、リースにて車を乗る人が増えていて人気となっています。 マイカーリースとはどのようなものなのか、その仕組みと契約までの簡単な流れにつ …

0313akachan

赤ちゃんに日焼け止めはいつから使っても良いの?オススメと落とし方

赤ちゃんに日焼け止めはいつからなら使っても良いのでしょうか? 紫外線のダメージは、幼い頃から蓄積されるので、なるべく早く対策してあげたいですね。 しかし、赤ちゃんの肌は弱いですから生後何ヶ月からなら大 …