健康

着圧ソックスとは?履く際に気を付けるべきこととは?

投稿日:2015年10月29日 更新日:

chakuatu

着圧ソックスは女性に大人気の商品ですね。
最近では男性にも愛用者が増えているそうです。

しかし使い方が間違ってしまうと足がしびれたり、痛くなったりしてしまうこともあります。

そこで、着圧ソックスとはどういったものなのか?
着圧ソックスを履く際に気を付けることとは何か?

また、夜間に履く場合の注意点について紹介します。

着圧ソックスとは


着圧ソックスとは、足首からふくらはぎにかけて圧力がかけられているソックスのことです。

着圧ソックスとは本来、下肢静脈瘤や深部静脈血栓の予防などに使うソックスのことを言います。

しかし、今では予防のためというより、足のむくみ防止や足を細くしたいという女性に幅広く人気があるものとなっていますね。

着圧ソックスは足のむくみが気になる方や立ち仕事の多い方などを中心に多くの方が利用しています。

また座っていることが多いデスクワークの仕事の方でも長時間座っていることで足のむくみが気になる方も多くいますので、着圧ソックスを利用している方も多いです。

着圧ソックスは人気と共にそのデザインや種類が豊富になってきています。

昔は家でなくては履けないようなものが多かったのですが、今ではオフィスなどで履けるオシャレなものが多くなりました。

スポンサードリンク

また、着圧ソックスだけでなく、着圧効果のあるタイツやレギンス、夜間専用のものなど種類もデザイン同様豊富になってきています。

着圧ソックスを履く際に気を付けること


着圧ソックスを履く際には気を付けなければならないことがあります。

まず、着圧ソックスは誰でも履いていいというわけではありません。

実は動脈に血行障害のある方などが履いてしまうと足がしびれてしまったり、痛くなったりする場合があるのです。

このような症状がみられたら、動脈に血行障害のない方でもすぐに着用を中止して、お医者さんに相談するようにしてください。

着圧ソックスの上部がずれ落ちてしまうことがあります。

そのまま履いていると一部分にだけ圧力が高くなってしまい、うっ血状態になることがあるので気をつけましょう。

また、足に着圧ソックスが食い込んだ状態になるとうっ血状態になったり、痛くなることがあるので、ご自分に合うサイズのものを履くようにしましょう。

着圧ソックスを夜間に履く場合の注意点


着圧ソックスは24時間履き続けるのは止めましょう。

昼間履いているのなら夜は履かないようにして、足を休める時間を作りましょう。

着圧ソックスを夜間に履く場合には注意しなければいけないことがあります。

寝ている時というのは足の血圧が下がります。

なので、着圧ソックスを履くのでしたら、圧力の低いソックスを履くようにしてください。

夜間でなくても履く際には、自分の足に合わないものを履き続けると血流不全などになったりするので注意が必要です。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0424nekoze

猫背の改善方法とメンタルの関係とは?自分に自信がないと猫背に?

猫背の改善方法とメンタルとの関係はあるのでしょうか? 日本の昔の考えが背の高い女性を猫背にしてしまっていたと言っても言い過ぎではないでしょう。 背が高いことは美しいと思うことが猫背の改善方法に繋がりま …

0307sigaisen

紫外線対策のグッズを上手く活用して身体を守ろう!

紫外線対策のグッズを上手く活用して厳しい紫外線からあなたの身体を守りましょう。 特に女性にとって強い紫外線は、お肌の天敵です。紫外線を多く浴びると、肌が焼け将来的にシミなどの原因にもなります。 女性に …

ryokunai2

白内障と緑内障の違いと白内障を治す唯一の手段とは?

白内障は加齢によって起こる目の病気で、80歳を超えると何かしらの症状がほとんどの方にあらわれます。 この白内障とあわせてよく聞くのが緑内障ではないでしょうか。 この2つの違いについてと白内障には加齢に …

0418nekoze

猫背を改善し縮んでしまった身長を戻す一番手軽に出来る方法

猫背を改善し身長を伸ばしましょう。 というか猫背のために縮んでしまっているものを元に戻しましょう。 猫背を改善しないでひどくなると様々な弊害が出てきてしまいます。 腰痛は代表的な弊害ですが他にもありま …

0116sutoresu

ストレスで回復させるのが難しいのは?ためやすい物事の考え方

ストレスをためている方が増えています。 回復させることが難しいストレスもあります。 また、現代人は時間に追われていて、ストレスをためやすい物事の考え方をついしてしまいます。 親が感じているストレスとい …