健康

白内障と緑内障の違いと白内障を治す唯一の手段とは?

投稿日:

ryokunai2

白内障は加齢によって起こる目の病気で、80歳を超えると何かしらの症状がほとんどの方にあらわれます。

この白内障とあわせてよく聞くのが緑内障ではないでしょうか。

この2つの違いについてと白内障には加齢によるもののほか、先天性白内障と若年性白内障というものがありますので紹介します。

また、白内障を治す方法についても紹介します。

白内障と緑内障


白内障と緑内障がごっちゃになっている方も多いので紹介します。

まず白内障ですが、主に加齢によって目の中のレンズの役割をしてくれている水晶体が濁ってしまい、目が見えにくくなるという病気です。

失明などの危険はありませんが、濁ってしまった水晶体が回復することもありません。

一方、緑内障は、視神経に障害が起こり、視野がどんどん狭くなってしまう病気です。

鼻側の視野から徐々に欠けていきますが、視力の低下は一般的には起こりません。

一度視神経に障害が起こってしまうと元には戻りません。

手術でも完治させることができず、今以上に視野が狭くならないようにするということになります。

先天性白内障


白内障は一般的には加齢によって起こるものですから、40代以降の方にみられる症状です。

しかし、生まれつきの白内障というのがあります。
これを先天性白内障といいます。

スポンサードリンク

先天性白内障には生まれた時には水晶体の濁りが確認できる場合と、成長に伴い青年期までに症状がみられる場合があります。

後者の場合には「発達性白内障」という言い方をしています。

先天性白内障は、母親の胎内にいる時に何らかの原因で水晶体が濁ってしまったことが原因です。

片目だけが先天性白内障である場合もあります。

若年性白内障


若年性白内障は字の通り、加齢によって起こる白内障が若いうちに発症する病気のことです。

症状は白内障と同じで、若年性白内障になる原因は、目を激しくぶつける怪我などによってなったり、ぶどう膜炎、網膜剥離などの目の病気によって起こります。

また、目とは直接関係のないアトピー性皮膚炎や糖尿病などによっても発症することが確認されています。

そのほかにも何かしらの病気で服用している薬剤や放射線の影響でもなることがあります。

若年性白内障は、進行のスピードが早いのが特徴です。

症状を自覚してから急激に水晶体が濁っていくことがほとんどです。

白内障を治す方法


白内障を治す方法としては、現段階では手術が唯一の方法となっています。

手術をすることで、ほぼ白内障が起きる前の状態にまで見やすさを取り戻すことが可能です。

日本で年間に行われている外科手術を伴うものでは、最も件数が多いのがこの白内障の手術です。

白内障は水晶体が濁ってしまって起きる症状なので、手術によって濁った水晶体を取り除き、代わりに人工の水晶体を入れます。

局部麻酔でおこない、片目が10~15分程度で終了します。

現在では、日帰りでおこなうのが一般的です。
今日右目をしたら、翌日は左目というような感じで行われることが多いようです。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0315sumaho

スマホ老眼は老眼とどう違うの?主な症状とチェック方法

スマホ老眼は最近よく耳にするようになった現代病の1つと言えるでしょう。 スマホの見過ぎで老眼と同じような症状になるスマホ老眼は、老眼との違いは何でしょうか? パソコンやスマホの画面を見ている時間が長い …

0112tenkan

てんかんとはどのような病気?原因とどのような症状が起きるの?

てんかんは発作を繰り返す脳の病気で、年齢や性別、人種に関係なく発病する病気です。 てんかんが原因で起きる暴走事故も問題となっていますね。 医師が乗用車を運転中、歩行者5人を死傷した事故を起こし、てんか …

hibun2

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。 飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見 …

kasi9

下肢静脈瘤の予防・改善にオススメの食べ物と摂取したい栄養成分

下肢静脈瘤を予防・改善するには、食べ物に気をつけたり、必要な栄養成分を積極的に摂取することも大切です。 そこで、下肢静脈瘤の改善にオススメの食べ物となるべく摂取したい栄養成分について紹介します。 下肢 …

0319ha

悪玉口腔内細菌とは?全身の健康を考えた予防歯科をおこなう

悪玉口腔内細菌が口の中だけではなく、全身の病気を引き起こす原因になるので、しっかりとした対策が必要です。 そこで、悪玉口腔内細菌とはどういったものなのかと悪玉口腔内細菌によって起こる病気とその対策につ …