健康

花粉症が一回で治る注射とは?花粉症対策の注射の種類と効果

投稿日:

kafunchusha

花粉症対策を注射でおこなう方法があります。

どんな薬も思うように効かないといった、重症の花粉症の悩みを解決できるものとして注目されています。

一回の注射で花粉症が治ったとか一ヶ月近くは治るなんてネット等で見たことはありませんか?

花粉症が一回で治る注射とはどういったものなんでしょうか?

花粉症対策の注射の種類と効果について紹介します。

花粉症の注射 ステロイド注射


一回の注射で花粉症が治ったとかの情報がネット検索するとたくさんでてきますが、そのほとんどがステロイド注射です。

ステロイド注射は保険適応外となります。

花粉の症状が出てから注射しても大丈夫な注射です。

シーズンに一回の注射で効果がでる方もいますが、普通は数回の注射をするのが一般的です。

ステロイド注射は1本1,000円くらいですが、病院によって金額はかなり異なりますので、事前に調べた方がよいでしょう。

ステロイド注射は効果が高いと言われていますが、副作用があります。

主な副作用として免疫力の低下や副腎機能不全、胃潰瘍、肝機能障害、高血圧、糖尿病などです。

日本耳鼻科学会や日本アレルギー学会などでは、副作用が数週間続くことも多いのでオススメはしていません。

花粉症の注射 ノイロトロピン注射


花粉症で効果のある注射であるノイロトロピン注射は、花粉症による鼻水や鼻づまり、目のかゆみに対して効果があります。

スポンサードリンク

他の注射や飲み薬と併用することもできる安心な注射だと言われています。

副作用がほとんど無いため、多くの病院で推奨されている注射です。

花粉の症状が出てからでも注射することができます。

保険が適用されますので、注射1本500円程度の病院が多いです。

人によって回数に違いがありますが、1ヶ月に数回の注射が必要なのが一般的です。

ただし、ノイロトロピン注射は誰にでも効果があるというものではありません。

効果が得られない方もいますし、効果がでたり、でなかったりする方もいます。

ノイロトロピン注射だけで効果が得られることが少なく、飲み薬などを併用して効果が得られることが多い注射だと言われています。

花粉症の注射 ヒスタミン注射


花粉症で効果のある注射であるヒスタミン注射は、花粉症の症状が出る前にしないと効果が得られない注射となります。

週に2回くらいの頻度で、6回~10回ほどの注射が必要です。

これによって体内に抗体を作くり、花粉症の症状を出にくくするものです。

副作用が極めて少ない注射で、ノイロトロピン注射と併用することで効果が高まると言われています。

保険が適用されますので、注射1本で500円~1000円程度の病院が多いです。

ヒスタミン注射は、完治が目的のものではないので、毎年シーズンが始まる前に6回~10回ほど病院に通う必要があります。

体への負担も少なく、そのシーズンを花粉症から快適に過ごしたい方におすすめの注射となります。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ha6

歯磨き力ってなに?歯磨き以外の歯周病予防とは?

歯周病を予防するするのに「歯磨き力」という考え方があります。 歯磨き力と言う言葉を聞いたことがある方は少ないかもしれません。 そこで、歯磨き力とはなにかと歯磨き以外の歯周病予防について紹介します。 歯 …

0114tenkan

てんかんは遺伝するのか?治療法とコントロールする方法

てんかんという病気については知っているけれど、詳しくはわからないという方が多いです。 遺伝をしてしまう病気なのか心配している方が多いですね。 また、治療法ってどのようなことをやるのかについてもあまり知 …

ha4

歯周病に注意する|歯周病予防とスケーリングの重要性

歯周病を予防することは健康と深く関係しています。 歯周病は歯だけでなく、思いもよらぬ病気を招くきっかけになる可能性があるとても怖いものです。 そこで、歯周病に対しては常に注意しなければいけないことと歯 …

simoyake1

しもやけの原因とは?治す薬と漢方薬がおすすめな理由

しもやけは冬の季節病とも言われ、かゆくてしかたない思いをしている方も多いのではないでしょうか? しもやけは、寒さの厳しい地域特有のものだと思われていますが、九州では発症する人が多いとされています。 し …

kasi8

下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている弾性ストッキング

下肢静脈瘤の治療は、基本、手術で静脈切除することになります。 しかし、誰もが手術を受けられるわけではありません。 手術を受けられない場合、予防や改善のために使われているのが弾性ストッキングと呼ばれるも …