健康

下肢静脈瘤のなかのクモの巣状静脈瘤と間違えやすいリベドーとは?

投稿日:

下肢静脈瘤のなかで血管がクモの巣のようにひろがって見える下肢静脈瘤があります。

見た目を気にしてスカートなどが履けない女性もいる下肢静脈瘤で、クモの巣状静脈瘤と言います。

下肢静脈瘤のなかのクモの巣状静脈瘤についてとその治療法について紹介します。

また、クモの巣状静脈瘤と間違えやすいリベドーについても紹介します。

下肢静脈瘤のクモの巣状静脈瘤


下肢静脈瘤は、足の血管がぼこぼこと浮き出てしまう病気です。

下肢静脈瘤の症状で、糸のように血管がからまっている場合は、下肢静脈瘤のなかの「クモの巣状静脈瘤」というものとなります。

見た目がクモの巣のように見えることからこの名前がついています。

クモの巣状静脈瘤は、最初にチクチクとした痛みがあり、少し時間が経過すると痛みが消えます。

痛みが消えても静脈瘤は解消されることはありません。

基本的にクモの巣状静脈瘤は、見た目さえ気にしなければ、治療の必要がない場合がほとんどです。

クモの巣状静脈瘤の治療方法


下肢静脈瘤のなかのクモの巣状静脈瘤は、見た目が気になる場合には血管を消すことができます。

注射で消す治療方法で硬化療法と言います。

スポンサードリンク

血管内に硬化剤という薬を入れ、血管を固めて徐々に吸収させる方法です。

注射後に医療用の弾性ストッキングを履いて足を圧迫し、症状を改善していきます。

3日間は入浴時以外24時間着用し、一週間ほどで、弾性ストッキングの必要がなくなり、その後も時間が経過するにつれ、ふくらはぎの静脈瘤はほとんど目立たなくなります。

クモの巣状静脈瘤は、レーザー治療が行われる事もあります。

硬化療法が行えない場合です。

赤い色素にのみ反応する特殊なレーザーで、赤みの原因となっている余分な毛細血管を消すことができます。

しかし、保険適用外のため、治療費が高額になります。

クモの巣状静脈瘤と間違えやすいリベドーとは?


下肢静脈瘤のなかのクモの巣状静脈瘤と間違えやすいものとして、リベドーというものがあります。

リベドーは皮膚の末梢循環障害による症状のひとつで、下肢に赤紫色の樹枝状(じゅしじょう)、もしくは網目状の模様がみられるものです。

寒冷やさまざまな病気などによって血液の流れが悪くなり、酸素の少ない血液がたまることで起こります。

クモの巣状静脈瘤にしろ、リベドーにしろ気になるようでしたら、病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kafunmegane

花粉症対策メガネの効果と選ぶときのポイント 子供用の注意点

花粉症対策メガネを使用するのはとても効果的です。 花粉症対策には、薬などによるケアとあわせてマスクやメガネで防止するセルフケアは欠かせませんね。 花粉の飛散が本格的に始まる前からマスクやメガネを使用す …

0422nekoze

猫背を強制するベルトはどれくらいの間着ければよいのか

猫背を矯正するベルトは効果はあります。 しかし、外してしまえば元に戻ります。 猫背を治そうと思ってもそうすぐには改善しません。 個人差がかなり出ます。早い方なら1ヶ月、長い方だと1人年以上もかかると言 …

chakuatu

着圧ソックスとは?履く際に気を付けるべきこととは?

着圧ソックスは女性に大人気の商品ですね。最近では男性にも愛用者が増えているそうです。 しかし使い方が間違ってしまうと足がしびれたり、痛くなったりしてしまうこともあります。 そこで、着圧ソックスとはどう …

chakuatu

インナードライと乾燥肌の違いとは?化粧水とファンデーションはどうする?

インナードライは乾燥肌と間違えられやすい症状です。 なかにはインナードライというものを知らない方もいますので、乾燥肌だと思っていて、インナードライが原因で自分の肌が乾燥しているとは思っていない場合とい …

hibun2

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。 飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見 …