健康

ジェネリック医薬品の効果は新薬と同じ?安全性も同じなの?

投稿日:

Generic2

ジェネリック医薬品という言葉を良く聞くようになりました。

ジェネリック医薬品といえば後発医薬品と認識されている方も多くなりました。

かなり知名度が上がってきたジェネリック医薬品ですが、なかには新薬と呼ばれる先発医薬品と比べ、効果はあるのだろうかとか、危険ではないのという不安があり、病院でも使わないという方もいます。

そこでジェネリック医薬品の効果と安全性について紹介します。

また、ジェネリック医薬品の代表格ともいえるロキソニンについてもジェネリック医薬品という視点で紹介します。

ジェネリック医薬品の効果


ジェネリック医薬品の効果は、新薬と呼ばれる先発医薬品と同じなのかと疑問に思う方もいますよね。

ジェネリック医薬品の有効成分は、新薬と呼ばれる先発医薬品と全く同じです。

しかし、先発医薬品と全く同じ薬を他の企業が製造することは難しいと言われています。

それに防腐剤や着色料などの添加物は、直接、治療に対する効果には影響がないので、ジェネリック医薬品を製造する会社が独自におこない、コストを削減したりもしています。

こうした事によって、薬の形状や色、それに匂いや味などが全く違うということはよくあることです。

肝心の効果の方ですが、これは心配ありません。

厚生労働省がジェネリック医薬品の申請に対して、生物学的同等性試験のデータ添付を義務付けています。

スポンサードリンク

この試験は、厚生労働省が設けたジェネリック医薬品のための生物学的同等性試験ガイドラインに基づいて行なわれ、問題がないものでないと認められません。

この試験によってジェネリック医薬品の効果は、先発医薬品と同等であると厚生労働省が証明することになるのです。

ジェネリック医薬品は安全なの?


ジェネリック医薬品は、新薬と呼ばれる先発医薬品と同じ効果がありますが、安全も同じなのでしょうか?

安いので多少のリスクがあるのではと心配なさる方もいますね。

ジェネリック医薬品が安価なのは、莫大な開発コストが掛からないからに他なりません。

それに問題があるようなものでは、日本ではまず許可が下りませんから安全性については心配しなくも大丈夫です。

しかし、元の薬と全く同じものではないので、ごくわずかですが、副作用が出る方もいるのが実情です。

これは新薬であっても薬が合わないというケースはあるので、安全ではないとは言えないでしょう。

ジェネリック医薬品の代表格ロキソニン


ジェネリック医薬品で使いたいものは何と聞くと「ロキソニン」が多いそうです。

やはり鎮痛剤や風邪薬というのは、かなり使用している方が多いのでそうなりますね。

実はロキソニン自体がジェネリック医薬品だと知らない方も多いですね。

ロキソニンは「ロキソプロフェン」を有効成分としたジェネリックなんです。

第一三共製薬の「ロキソニンS」や大正製薬の「ロキソマリン錠」、大洋薬品の「ロキソプロフェンナトリウム錠」などはロキソニンのジェネリック医薬品ではなく、ロキソプロフェンを有効成分としたジェネリック医薬品なのです。

それが「ロキソニン」という名前が代名詞のようになっているだけなんです。

このような例は医薬品でなくてもたくさんあります。

知らずにジェネリック医薬品を使っていることはたくさんありますし、私たちの生活にはもはや欠かせない存在だといえますね。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

taishakouso

代謝酵素と食事の関係 代謝酵素の力を発揮し病気の予防

代謝酵素は体の中で作られる酵素の中でも非常に重要なものです。 私たちが生きていく上で欠かせない存在です。 また、代謝酵素は食事に大きく関係していますし、病気とも関係してきます。 代謝酵素とはどういった …

hibun

飛蚊症の原因とは?検査方法と改善するにはどうすればよい?

飛蚊症(ひぶんしょう)という言葉を御存知ですか? 飛蚊症とは、その名前の通り、目の前に蚊が飛んでいるように見える事からそう呼ばれています。 飛蚊症の主な原因は老化ですが、最近では若い世代の人達にも飛蚊 …

nanchou2

難聴にはどのような種類があるのかとその特徴 難聴の原因、症状

難聴とは耳が聞こえにくいことを言います。 完全に聞こえないのだけが難聴ではありません。 難聴には原因が不明なものも多く、高い音域や低い音域が聞こえにくくなったりと症状も人によって様々な耳の病気です。 …

noro3

子供がノロウィルスに罹ったらどうする?食事と対策

子供がノロウィルスになると大人と違い、重症化してしまう危険性があります。 子供がノロウィルスになっても特効薬はありませんので、どうしたらよいのでしょうか?また、ならないようにするにはどうしたらよいので …

hibun2

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。 飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見 …