健康

ビタミンCは摂り過ぎてはいけない理由とサプリに要注意

投稿日:

vitaminc

ビタミンCといえば、健康に欠かせない栄養素ですね。

張りのある肌の形成や美白効果、それに老化防止にも効果があるので、美容においても必須といえるものであるビタミンCは、女性なら積極的にたくさん摂りたいと思いますよね。

ところが、ビタミンCは摂り過ぎてはいけない栄養素でもあるのです。

ビタミンCを摂り過ぎてはいけない理由とサプリを使っているのなら注意すべき事と摂るべき量について紹介します。

ビタミンCは摂り過ぎてはいけない


ビタミンCは健康にも美容にも効果があると言われています。

肌や風邪など、人間の皮膚や免疫を強くする効果があると言われています。

しかし、ビタミンCを摂り過ぎてしまうと、かえって自分を苦しめるような副作用が待っています。

ビタミンCを摂り過ぎてしまったことによる副作用で一番多いのは、下痢を引き起こし、体調を崩してしまうことです。

特に空腹時に摂り過ぎると下痢になりやすいです。

これはビタミンCが腸の動きを活発にさせるからです。

また、ビタミンCを分解する際には内臓を使っているため、内臓に大きな負担がかかってしまう原因にもなっています。

特に肝臓に負担がかかってしまいます。

最近では、ビタミンCを摂り過ぎてしまうと尿路結石症の要因にもなることがわかってきています。

ビタミンCは免疫力をアップしてくれるものですが、いくら免疫に良いからといって多く摂ってしまうとかえって免疫力を弱めてしまう可能性もあります。

ビタミンCは、健康や美容に欠かせない栄養であることは間違いありません。

過剰に摂り過ぎることがないようにして、その効果を有効にしましょう。

サプリによってビタミンCは摂り過ぎてになってしまう


ビタミンCの摂り過ぎてはよくないわけですが、知らぬ間に摂り過ぎるている可能性があります。

スポンサードリンク

それがサプリメントです。

健康のためにドラッグストアなどで様々な栄養素のサプリメントが販売されており、普及していますので、日常的に使用している方も多いでしょう。

特にビタミンCなどのサプリメントは利用されている方が多いですね。

商品をよく見てみると、一日の摂取量がパッケージに表示されていることがわかると思います。

「一日の摂取量の目安」などと記載されていますが、こうした表示がされていても、サプリで手軽に栄養の補給ができてしまうため、摂り過ぎによる弊害が起きてしまうのが実情なのです。

それに他の目的があってサプリを使用しているのですが、ビタミンCが含まれているものはとても多いです。

知らず知らずのうちにサプリからビタミンCを摂っている可能性があるので注意が必要です。

どんなサプリメントを使用する際でもビタミンCのことは気にかけ、過剰な摂取にならないようにしましょう。

ビタミンCは、できれば食材から料理を通じて摂っていくといったほうが良いのではないでしょうか。

ビタミンCの摂取量


ビタミンCの摂り過ぎてはよくない。

では、どれくらいなら摂り過ぎにはならないのでしょうか。

ちゃんと厚生労働省で推奨している量というものがあります。

厚生労働省の定めるビタミンCの一日の所要量は100mgです。

ビタミンCのサプリメントでは、一日の目安の使用量が所要量である100mgを大幅に超えているものが大半です。

中にはたったの2錠で500mgといったものもあります。

厚生労働省では、ビタミンCの上限を2000mgとしています。

健康を維持するために必要な量は800mgであり、壊血病を防ぐために算定された量として決められています。

ビタミンCは水溶性のビタミンであり、すぐに体内から排出されやすいビタミンの一種でありますが、やはり一日の摂取量は守らなければなりません。

ビタミンCは、いくら効果があるといわれていても決して多く摂れば良いというものではありません。

摂取量を守り、副作用を起こさないようにして、効果を得るように摂取しましょう。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

tomatojuice

リコピンによる副作用とおすすめのトマトジュースのタイプ

リコピンは活性酸素を除去する抗酸化力が強いのが特徴の赤色の色素です。 ですから、赤い食べ物にはかなりの確率で含まれています。 その代表なのがトマトですね。 ほかにも美白効果やダイエット効果、最近では花 …

hakunai

白内障とは?白内障の原因と主な症状、予防するにはどうする?

白内障は年を重ねるとほとんどの方がなるといっても過言ではない目の病気です。 目の中にある水晶体といわれる部分が白く濁ってしまう病気です。 加齢が主な原因と言われています。 加齢以外にも様々な原因でなっ …

nanchou4

おたふくかぜに罹ったら難聴に注意 様々な難聴になる原因

おたふくかぜに罹ったら難聴にも気をつけて下さい。 おたふくかぜは、ほとんどが子供のうちに罹る症状ですが、その原因となるウイルスの影響で難聴になってしまうこともあります。 これをムンプス難聴といいます。 …

rikopin2

リコピンにはこんな効果も!血圧・花粉症・育毛に効果があるのはなぜ?

リコピンはとりわけ抗酸化作用が強いことが分かっています。 抗酸化作用のおかげで、代表的なものとして、成人病の予防をはじめとした健康やアンチエイジング、それにダイエット効果が期待できます。 美白効果もあ …

nanchou3

難聴とメニエール病の関係と難聴と耳鳴りが同時に起こる原因

難聴でも突発性難聴は最近アーティストが公表することも多くなりましたので、よく耳にする言葉となりました。 この難聴と呼ばれる症状と突然激しいめまいを起こす病気であるメニエール病は関係が深いと言われていま …