健康

ビタミンCは摂り過ぎてはいけない理由とサプリに要注意

投稿日:

vitaminc

ビタミンCといえば、健康に欠かせない栄養素ですね。

張りのある肌の形成や美白効果、それに老化防止にも効果があるので、美容においても必須といえるものであるビタミンCは、女性なら積極的にたくさん摂りたいと思いますよね。

ところが、ビタミンCは摂り過ぎてはいけない栄養素でもあるのです。

ビタミンCを摂り過ぎてはいけない理由とサプリを使っているのなら注意すべき事と摂るべき量について紹介します。

ビタミンCは摂り過ぎてはいけない


ビタミンCは健康にも美容にも効果があると言われています。

肌や風邪など、人間の皮膚や免疫を強くする効果があると言われています。

しかし、ビタミンCを摂り過ぎてしまうと、かえって自分を苦しめるような副作用が待っています。

ビタミンCを摂り過ぎてしまったことによる副作用で一番多いのは、下痢を引き起こし、体調を崩してしまうことです。

特に空腹時に摂り過ぎると下痢になりやすいです。

これはビタミンCが腸の動きを活発にさせるからです。

また、ビタミンCを分解する際には内臓を使っているため、内臓に大きな負担がかかってしまう原因にもなっています。

特に肝臓に負担がかかってしまいます。

最近では、ビタミンCを摂り過ぎてしまうと尿路結石症の要因にもなることがわかってきています。

ビタミンCは免疫力をアップしてくれるものですが、いくら免疫に良いからといって多く摂ってしまうとかえって免疫力を弱めてしまう可能性もあります。

ビタミンCは、健康や美容に欠かせない栄養であることは間違いありません。

過剰に摂り過ぎることがないようにして、その効果を有効にしましょう。

サプリによってビタミンCは摂り過ぎてになってしまう


ビタミンCの摂り過ぎてはよくないわけですが、知らぬ間に摂り過ぎるている可能性があります。

スポンサードリンク

それがサプリメントです。

健康のためにドラッグストアなどで様々な栄養素のサプリメントが販売されており、普及していますので、日常的に使用している方も多いでしょう。

特にビタミンCなどのサプリメントは利用されている方が多いですね。

商品をよく見てみると、一日の摂取量がパッケージに表示されていることがわかると思います。

「一日の摂取量の目安」などと記載されていますが、こうした表示がされていても、サプリで手軽に栄養の補給ができてしまうため、摂り過ぎによる弊害が起きてしまうのが実情なのです。

それに他の目的があってサプリを使用しているのですが、ビタミンCが含まれているものはとても多いです。

知らず知らずのうちにサプリからビタミンCを摂っている可能性があるので注意が必要です。

どんなサプリメントを使用する際でもビタミンCのことは気にかけ、過剰な摂取にならないようにしましょう。

ビタミンCは、できれば食材から料理を通じて摂っていくといったほうが良いのではないでしょうか。

ビタミンCの摂取量


ビタミンCの摂り過ぎてはよくない。

では、どれくらいなら摂り過ぎにはならないのでしょうか。

ちゃんと厚生労働省で推奨している量というものがあります。

厚生労働省の定めるビタミンCの一日の所要量は100mgです。

ビタミンCのサプリメントでは、一日の目安の使用量が所要量である100mgを大幅に超えているものが大半です。

中にはたったの2錠で500mgといったものもあります。

厚生労働省では、ビタミンCの上限を2000mgとしています。

健康を維持するために必要な量は800mgであり、壊血病を防ぐために算定された量として決められています。

ビタミンCは水溶性のビタミンであり、すぐに体内から排出されやすいビタミンの一種でありますが、やはり一日の摂取量は守らなければなりません。

ビタミンCは、いくら効果があるといわれていても決して多く摂れば良いというものではありません。

摂取量を守り、副作用を起こさないようにして、効果を得るように摂取しましょう。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0307sigaisen

紫外線対策のグッズを上手く活用して身体を守ろう!

紫外線対策のグッズを上手く活用して厳しい紫外線からあなたの身体を守りましょう。 特に女性にとって強い紫外線は、お肌の天敵です。紫外線を多く浴びると、肌が焼け将来的にシミなどの原因にもなります。 女性に …

0309sigaisen

紫外線対策に有効な食べ物とは?食べ物で内側からも対策が効果的

紫外線対策として食べ物にも気を使いましょう。 いくら日焼け止めや日傘などで紫外線対策をしても完璧には防ぎきれません。紫外線を受けてもシミやそばかすになりにくい身体を作ることも大切です。 そのためにどの …

ha4

歯周病に注意する|歯周病予防とスケーリングの重要性

歯周病を予防することは健康と深く関係しています。 歯周病は歯だけでなく、思いもよらぬ病気を招くきっかけになる可能性があるとても怖いものです。 そこで、歯周病に対しては常に注意しなければいけないことと歯 …

0426koushu

口臭を改善する具体的な方法とは?

口臭とは、あまり本人が気づかない物で他人に迷惑を掛けてしまっているという事態に陥ります。 ではそれを改善して行くにはどうしたらよいのでしょうか? それを考えるにはどうして口臭が発生するのかを考えれば自 …

0414ha

歯周病で膿が出始めたら重症?その治療法と癌との関係

歯周病で膿が出始めたらすぐに治療しましょう。 私自身、歯茎から膿がではじめた時点で、あわてて歯医者にかけこんだ一人なのですが、歯周病だと診断され、もしかしたら歯を抜かなければならないと言われたときには …