健康

ストレスで回復させるのが難しいのは?ためやすい物事の考え方

投稿日:

0116sutoresu

ストレスをためている方が増えています。

回復させることが難しいストレスもあります。

また、現代人は時間に追われていて、ストレスをためやすい物事の考え方をついしてしまいます。

親が感じているストレスというのは、子供にも伝染し、ストレスを感じやすい環境の中で生活しているので、知らず知らずのうちに日常的にストレスを受けている子供が増えているそうです。

ストレスで回復させることが難しいのはどのようなストレスなのか?

ストレスをためやすい物事の考え方とはどのようなものなのかについて紹介します。

また、ストレスの解決に確実に改善に向かう方法についても紹介します。

ストレスで回復させることが難しいのは?


ストレスで回復させることが難しいのは精神的ストレスです。

ストレスには大きく分けて、肉体的ストレスと精神的ストレスの2種類があります。

肉体的ストレスとは、激しい運動をした後に感じる疲労などです。

肉体的ストレスは、疲れを回復させるために十分な睡眠を取ったり、お風呂に入ったりすることで回復できます。

このことは多くの方が知っていることなので、対処もしやすいですし、また、時間とともに自然に回復へと向かうことがほとんどです。

この肉体的ストレスには、例えば、転んだときに擦りむいて怪我をしたときに感じる痛みも入ります。

この場合でも治療をしたりすることで、疲れと同様に回復へと向かうことを知っているので、対処は比較的簡単です。

肉体的ストレスというのは、回復しやすいものなのです。

ストレスで回復させることが難しい精神的ストレスですが、私たちが本当にストレスと認識しているものの多くは、この精神的ストレスを指しています。

精神的ストレスは、人によってかなりストレスの度合いが違いがあります。

とりわけ人間関係によるトラブルは、精神的に怒りや苦しみ、悲しみ、落ち込み、イライラ感を感じてしまい、多くの方がストレスになってしまいます。

精神的ストレスはストレスを感じることのほとんどはこちらが当てはまり、すぐに回復させることが難しいものなのです。

ストレスをためやすい物事の考え方


ストレスをためやすい物事の考え方をしてしまう方とは、一体どうような方なのでしょうか。

ストレスをためやすい物事の考え方とは、短期的に物事を考える癖があると、自ずからストレスをためやすい体質となると言われています。

スポンサードリンク

結果が自分が思ったようなものが得られないと、短期的に考えているため、気持ちの変化も不安定になるからです。

短い期間しか視野に入れていないので、良いことがあればすぐに喜びますが、反対に悪いことがあれば、すぐにイライライしてしまうというように気持ちが変化し、不安定になります。

物事を長期的に考えている方の方がストレスをためないのです。

長期的に考えられる方は多少失敗しても「まあいいか」などと前向きに考えることができます。

人間関係でトラブルが発生した場合で考えてみると、短期的に物事を考える方は、まずイライラして相手のことが嫌いになります。

長期的に考えられる方は、自分の悪いところを早い時期に指摘してくれたなどと考え、場合によっては感謝の気持ちさえいだきます。

物事を長期的に考える癖がある方は、イライラすることが少なく、自分への注意や指摘に対して感謝する気持ちになることが多いのです。

短期的に考えると嫌なできごとも、長期的に考えると、現実のほとんどは素晴らしいことばかりに変わります。

ストレスの解決に確実に改善に向かう方法


ストレスの解決に「即効性のある方法があります!」と宣伝されていました。

このような方法には、多くの方が魅力を感じ、興味を持つことでしょう。

そして本当なら試したいと思うことでしょう。

これが表現を少し変え、比較する表現があったらどうでしょうか?

1つはストレスの解決に「即効性はあるが、副作用が方法があります!」。

もう1つは「即効性はないが、副作用がなく、確実に改善される方法あります!」。

前者は、即効性はあるのですが、持続する期間が短く、しかも後から強い副作用があります。

それに対して後者の方は、即効性はないものの、副作用はなく、ゆっくりですが確実に効果が出てくるものです。

このように比較するものがあれば、ほとんどの方が後者を選びます。

比べる対象があったり、足りない言葉を冷静になって考えると、本当に自分のためになる選択ができるようになります。

メディアというものは、こうした冷静な比較より「即効性のある方法」に絞って私たちに話をしていることが多いのです。

この方法に飛びつく方が多く、テレビだったら視聴率が上げやすいし、雑誌だったら部数が増えるでしょう。物も多く売れるからです。

しかし、一時的には強い効果がありますが、持続せず短期です。

また、副作用があるため、本当のストレス改善にはなりません。

ストレスの解決に確実に改善に向かう方法は、ストレスをためない人になることです。

それには即効性のあるものはないのです。

スポンサードリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0118sutoresu

仕事でストレスをためる人の5つの特徴とためない人の違い

仕事でのストレスがたまるばかりで、体調を崩してしまったり、心がやられてしまう方も多いのが現代社会ではないでしょうか。 仕事のストレスは当たり前だとされがちですが、これを放置していると、症状は悪化するば …

kasi5

下肢静脈瘤の治療と手術とは?手術を受けられない場合とは?

下肢静脈瘤になってしまっても、すぐに命を落とすというわけではありません。 しかし、自然に治るものでもありません。 基本、手術をすることになるのですが、早めに治療しておいた方が良いのです。 そこで、下肢 …

hie1

末端冷え性と自律神経の関係 末端冷え性の症状と原因

末端冷え性は冷え性の中でも比較的よく起こる症状です。 見逃したり放置することで、本格的な冷え性になるとも言われています。 また、末端冷え性は自律神経が大きく関係していると言われています。 それが末端冷 …

hibun

飛蚊症の原因とは?検査方法と改善するにはどうすればよい?

飛蚊症(ひぶんしょう)という言葉を御存知ですか? 飛蚊症とは、その名前の通り、目の前に蚊が飛んでいるように見える事からそう呼ばれています。 飛蚊症の主な原因は老化ですが、最近では若い世代の人達にも飛蚊 …

hibun2

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。 飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見 …