健康

歯周病予防に関係する歯ブラシの形とデンタルフロスによる歯垢除去率

投稿日:

歯周病を予防するには歯磨きが大きなポイントとなります。

そうなると磨く道具である歯ブラシがとても重要ということになります。

また、あわせてデンタルフロスを使用する効果はとても高いものがあることがわかっています。

そこで、歯周病予防に大きく関係する歯ブラシの形とデンタルフロスによる歯垢除去率について紹介します。

歯周病予防と歯ブラシの形


歯周病予防と歯ブラシの形は大きく関係しています。

本来であれば、奥歯を磨く場合と前歯を磨く時では、歯ブラシの形を変えることが理想です。

磨く時は歯ブラシを歯と歯肉の境目に45度の角度で当てて、歯肉の隙間をかきだすイメージで、歯の1本1本を丁寧に磨くように意識して磨いてください。

カーブの部分では歯ブラシをしっかりと押し当てて磨きましょう。

前歯は横磨きの後に縦磨きをし、犬歯の部分は隣の歯との隙間がありますから、丁寧に磨くことを意識してください。

全体に言えることですが、ゴシゴシと強く磨くのではなく、丁寧に優しく磨いてください。

常に磨き方を意識しながら磨くことによって、歯周病にならない歯を作ることが出来ると言われています。

磨き残しが無いように歯磨きをする時は磨く順番を決めて磨きましょう。

スポンサードリンク

歯周病予防とデンタルフロス


歯周病予防とデンタルフロスはとても関係が深いと言えるでしょう。

デンタルフロスを使用することで、歯垢除去率が8割もアップすると言われているからです。

デンタルフロスとは歯垢を取り除くための糸のことです。

歯科医で歯を磨いてもらう時には必ずやってもらうはずです。

歯周病予防の効果が高いと考えられているため、歯科医も自宅で歯磨きをする時には、ほとんどの人がデンタルフロスを使用しています。

歯垢除去率は歯ブラシだけの場合は6割だと言われています。

歯磨きとあわせてデンタルフロスを使用すると、歯垢除去率が8割にアップすると言われています。

デンタルフロスは歯と歯の間に入れます。

デンタルフロスの使い方も歯ブラシでの磨き方同様に歯科医で教えてもらえます。

この時に引っ掛かりを感じたり、デンタルフロスが入らない、もしくは入りにくいようでしたら、被せ物がある人はそれがずれている可能性が高いです。

長年経過した歯は少しずつひずんでいくので、歯医者さんで診てもらいましょう。

デンタルフロスによって除去された歯垢はうがいで吐き出してください。

いろいろな道具を使用することで、歯磨きだけで取れない汚れを取り除き、確実な歯周病予防をしていきましょう。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

haburasi2

歯周病予防のために歯磨きと歯ブラシのサイズ・形

歯周病予防には歯磨きが重要なのですが、歯を磨く道具である歯ブラシのサイズや形も無視出来ない大事なものとなります。 自分の歯に合った歯ブラシで、正しく磨くことがとても重要なのです。 そこで、歯周病予防と …

kafunchusha

花粉症が一回で治る注射とは?花粉症対策の注射の種類と効果

花粉症対策を注射でおこなう方法があります。 どんな薬も思うように効かないといった、重症の花粉症の悩みを解決できるものとして注目されています。 一回の注射で花粉症が治ったとか一ヶ月近くは治るなんてネット …

kasi7

下肢静脈瘤の予防で日常気をつけることと妊婦さんが気をつけること

下肢静脈瘤は下肢に血液がたまってしまう病気です。 下肢に血液がたまってしまうとデコボコと血管が浮かんで見た目が悪くなるだけでなく、かゆみが出たり、かきすぎて皮膚炎になったり、色素沈着したりしてしまいま …

kasi4

下肢静脈瘤とエコノミークラス症候群の関係とは?

下肢静脈瘤とエコノミークラス症候群には深い関係があります。 下肢静脈瘤は今すぐに何とかしないと命に関わるというわけではありません。 エコノミークラス症候群は、乗り物に乗らなくてもなるもので、下肢静脈瘤 …

kanpan

インナードライにはセラミドが良い?効く改善マッサージとは?

インナードライに悩んでいる女性が増加しています。 しかし、インナードライだということを知らずに他の方法で改善しようとしているため、効果が出ていない方が多い症状でもあります。 そんなインナードライにはセ …