ライフスタイル

マイカーリースとは?マイカーリースの仕組みと契約までの流れ

投稿日:2017年1月4日 更新日:

マイカーリースが人気となっています。車を所有するのはお金がかかるので、リースにて車を乗る人が増えていて人気となっています。

マイカーリースとはどのようなものなのか、その仕組みと契約までの簡単な流れについて紹介します。

マイカーリース基礎知識


マイカーリースにて車を乗る人が増えてきています。学生さんや社会人、ファミリーからシニアまで幅広い年代に人気がでています。

車を購入するとなると、車の値段以外にもたくさんの出費が必要となります。自動車収得税や登録手数料、重量税、納車費用を取られることも多いですし、購入後も自動車税や車検費用があり、かなりの出費が必要となります。

マイカーリースだとこれらの所持費用や税金がかかりません。何月に車検、次は自動車税だと出費を考えずに済むのです。

なぜかというと、車の所有者がリース会社だからです。リースをした人は、月々のレンタル費用だけで毎年来る税金も気にせず乗ることができるのです。

また、マイカーリースは新車の車ですし、基本的に車種を選べます。高くてとても買えないという憧れの車に乗れるということで、利用する人も増えています。

マイカーリースの仕組み


マイカーリースの仕組みは、あなたが車の所有者になるのではなく、所有者はファイナンス会社(リース会社)になります。

スポンサードリンク

ファイナンス会社が車をディーラーから購入し、それをあなたにリースとして提供しているのです。なのでレンタカーとリースはとても似ています。違いは契約が長期なのか短期なのかです。どちも乗り出してからかかる費用は、レンタル料とガソリン代くらいです。

レンタカーは基本的に「わ」ナンバーとなり、レンタカーに乗っているとわかります。リースは自家用車のように普通のナンバーですし、希望ナンバーを選択することもできます。

契約時にオプションの選択などもできますし、価値の下がらない装備を個人で取り付けることもほとんどのリース会社ではOKとしています。ただし、くれぐれも価値の下がるような改造はしないでください。このようなことをしてしまうとリース料金に追加料金として加算される場合があります。

リース中のメンテナンスはもちろん、オイル交換などもリース料に含まれているのが一般的です。

契約までの流れ


まずは乗りたい車のメーカー、車種を選びます。リース料金はリース契約年数で決まります。

車を決めたら、リース会社にリース料金の見積もりを依頼してください。見積もり結果が出て、納得したら契約をします。

契約するには支払い能力があるかなどの審査が必要です。審査に数日かかりますが、通過したら申し込みの再確認後、必要書類である住民票や車庫証明、リース会社で用意してくれと言われたものを用意します。

登録手続きが終われば、後は納車を待つばかりとなります。

>>マイカーリースのメリットとデメリットとは?

スポンサードリンク

-ライフスタイル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0331suikou

水耕栽培を自作で100均アイテムで室内で簡単に作る方法

水耕栽培を自作で、しかも100均アイテムを中心に始めてみませんか? 水耕栽培ってご存知でしょうか? 最近ではLEDライト付の水耕栽培キットが市販されていますが、値段が高くて買ってまでとは思う方が多かっ …

mochu

年賀状、喪中の時に頂いた時と喪中の方に出してしまった時

年賀状は喪中の時はどのような対応をすれば良いのでしょうか? 年賀状とは、新しい年を迎えるにあたって日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを贈る挨拶状です。 では、喪中の時の年賀状のマナーにはどんなもの …

0827moufu

毛布と布団はどっちが上のほうが効果的?敏感肌にオススメの毛布は?

毛布は布団の上に掛けていますか、それとも下ですか? また、これはどちらが良いのか?なんて話題になりますね。 そこで、毛布と布団はどちらが上のほうが効果的なのかについて紹介します。 また、敏感肌のため、 …

0811yoguruto

発酵食品ヨーグルトを自分で作ろう!ヨーグルトレシピ

発酵食品と言ったらヨーグルトを挙げる人は多いのではないでしょうか。 日本だけではなく世界中で食べられているヨーグルトですが、どのようなものが含まれている食べ物なのでしょうか。 そこで、発酵食品であるヨ …

0823moufu

洗濯機の容量が小さくて毛布が入らない場合の洗い方

毛布を自宅で洗濯したいんだけど、洗濯機の容量が小さくて毛布が入らない場合もあると思います。 でも大丈夫です。入らなければ、洗濯機を使わないで洗えばよいのです。 そこで、洗濯機の容量が小さくて毛布が入ら …