健康

下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている弾性ストッキング

投稿日:

下肢静脈瘤の治療は、基本、手術で静脈切除することになります。

しかし、誰もが手術を受けられるわけではありません。

手術を受けられない場合、予防や改善のために使われているのが弾性ストッキングと呼ばれるものです。

そこで、下肢静脈瘤の予防や改善に使われる弾性ストッキングについて紹介します。

下肢静脈瘤の治療で手術が受けられない


下肢静脈瘤の治療は、基本的には手術で静脈切除をします。

手術は日帰りで出来ますし、若い方は、手術後の回復力も高いので、早めに手術を受けた方が良いでしょう。

しかし、本人が希望すればどんな下肢静脈瘤でも手術が受けられるわけではありません。
下肢静脈瘤の手術は、超音波検査によって、伏在静脈と呼ばれている表在静脈に異常がないと判断された場合、手術による治療が受けられません。

いわゆるクモの巣状静脈瘤、網目状静脈瘤の場合は、手術は行いません。

この場合、硬化療法という下肢の静脈瘤に薬を注射して固めてしまう治療をするか弾性ストッキングを使う保存的治療が選択肢となります。

そこで、弾性ストッキングによる方法について紹介します。

下肢静脈瘤には弾性ストッキング


下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている特殊なストッキングが弾性ストッキングです。

手軽で、かつ、しっかりと予防・改善してくれるのでとても便利です。

足に溜まってしまう血液を上へと流すために弾性ストッキングで足を圧迫します。

スポンサードリンク

弾性ストッキングの履き方は、まず、ストッキングに手を入れてかかと部分を掴んで手前から裏返しにしてください。

次に足の先からかかとに向かって弾性ストッキングを履きます。

この時、少しずつ太ももに向かってストッキングを引き上げていきます。

全体まで履けたら、足先に痛みやしびれがないか確認します。

弾性ストッキングと言ってもタイプがいくつかあります。

圧迫力が違ったり、形状も若干違いますので、症状に合った弾性ストッキングを使用するようにしましょう。

どのタイプを使用すればよいのかわからない方は病院で相談するとよいでしょう。

下肢静脈瘤は弾性ストッキングで予防


下肢静脈瘤で使用する弾性ストッキングは、なる前に予防として使用すると効果が高いです。

下肢静脈瘤は、足の血液が溜まることで発症しますので、普段から血液が足に溜まらないように注意することでしょう。

長時間の立ち仕事をしている方は、ずっと立ちっぱなしにならないようにしたり、同じ姿勢を続けず、足をなるべく動かしたり、寝る時は足を高くするとか工夫しましょう。

それでも、長時間の立ち仕事をしなければいけないなどの場合、弾性ストッキングで予防しましょう。

弾性ストッキングを着用することによって、下肢静脈瘤の諸症状の軽減、合併症を予防することにもなりますので、静脈瘤が気になる方は早めに着用しましょう。

弾性ストッキングは強い圧迫力がありますが、使い続けていると圧迫する力が弱まり、効果が落ちてしまいます。

なので圧迫する力が弱まったら、新しい物と交換するようにしましょう。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

nanchou4

おたふくかぜに罹ったら難聴に注意 様々な難聴になる原因

おたふくかぜに罹ったら難聴にも気をつけて下さい。 おたふくかぜは、ほとんどが子供のうちに罹る症状ですが、その原因となるウイルスの影響で難聴になってしまうこともあります。 これをムンプス難聴といいます。 …

0430suisosui

水素水の効果で癌を抑制出来るのはなぜなの?日田天領水のスゴさ

水素水の効果で癌を抑制出来るということもあり、最近ではかなり注目を浴びていますね。 私は、15年前ぐらいに天然の水素水である「日田天領水」と出会い、これまでずっと飲み続けているのですが、水素水の効果で …

0420nekoze

猫背を改善するストレッチとは?全身の筋肉をほぐす方法

猫背を改善するストレッチを毎日おこないましょう。 猫背なのはわかっているけど、これといった改善策は何もしていないという方がほとんどではないでしょうか? 体の痛みや不調が出てからでは遅いので、習慣化して …

kafunmegane

花粉症対策メガネの効果と選ぶときのポイント 子供用の注意点

花粉症対策メガネを使用するのはとても効果的です。 花粉症対策には、薬などによるケアとあわせてマスクやメガネで防止するセルフケアは欠かせませんね。 花粉の飛散が本格的に始まる前からマスクやメガネを使用す …

hibun2

飛蚊症の原因、後部硝子体剥離と硝子体出血とは?手術と費用

飛蚊症は目の前に蚊が飛んでいるように見えたり、黒い虫がちらちらと見えるような状態を言います。 飛蚊症になる一番多い原因が、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴って発生した硝子体混濁が自分で見 …