健康

下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている弾性ストッキング

投稿日:

下肢静脈瘤の治療は、基本、手術で静脈切除することになります。

しかし、誰もが手術を受けられるわけではありません。

手術を受けられない場合、予防や改善のために使われているのが弾性ストッキングと呼ばれるものです。

そこで、下肢静脈瘤の予防や改善に使われる弾性ストッキングについて紹介します。

下肢静脈瘤の治療で手術が受けられない


下肢静脈瘤の治療は、基本的には手術で静脈切除をします。

手術は日帰りで出来ますし、若い方は、手術後の回復力も高いので、早めに手術を受けた方が良いでしょう。

しかし、本人が希望すればどんな下肢静脈瘤でも手術が受けられるわけではありません。
下肢静脈瘤の手術は、超音波検査によって、伏在静脈と呼ばれている表在静脈に異常がないと判断された場合、手術による治療が受けられません。

いわゆるクモの巣状静脈瘤、網目状静脈瘤の場合は、手術は行いません。

この場合、硬化療法という下肢の静脈瘤に薬を注射して固めてしまう治療をするか弾性ストッキングを使う保存的治療が選択肢となります。

そこで、弾性ストッキングによる方法について紹介します。

下肢静脈瘤には弾性ストッキング


下肢静脈瘤の予防や改善のために使われている特殊なストッキングが弾性ストッキングです。

手軽で、かつ、しっかりと予防・改善してくれるのでとても便利です。

足に溜まってしまう血液を上へと流すために弾性ストッキングで足を圧迫します。

スポンサードリンク

弾性ストッキングの履き方は、まず、ストッキングに手を入れてかかと部分を掴んで手前から裏返しにしてください。

次に足の先からかかとに向かって弾性ストッキングを履きます。

この時、少しずつ太ももに向かってストッキングを引き上げていきます。

全体まで履けたら、足先に痛みやしびれがないか確認します。

弾性ストッキングと言ってもタイプがいくつかあります。

圧迫力が違ったり、形状も若干違いますので、症状に合った弾性ストッキングを使用するようにしましょう。

どのタイプを使用すればよいのかわからない方は病院で相談するとよいでしょう。

下肢静脈瘤は弾性ストッキングで予防


下肢静脈瘤で使用する弾性ストッキングは、なる前に予防として使用すると効果が高いです。

下肢静脈瘤は、足の血液が溜まることで発症しますので、普段から血液が足に溜まらないように注意することでしょう。

長時間の立ち仕事をしている方は、ずっと立ちっぱなしにならないようにしたり、同じ姿勢を続けず、足をなるべく動かしたり、寝る時は足を高くするとか工夫しましょう。

それでも、長時間の立ち仕事をしなければいけないなどの場合、弾性ストッキングで予防しましょう。

弾性ストッキングを着用することによって、下肢静脈瘤の諸症状の軽減、合併症を予防することにもなりますので、静脈瘤が気になる方は早めに着用しましょう。

弾性ストッキングは強い圧迫力がありますが、使い続けていると圧迫する力が弱まり、効果が落ちてしまいます。

なので圧迫する力が弱まったら、新しい物と交換するようにしましょう。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ha5

歯磨きとバクテリアの関係とは?歯磨きが効果的なタイミングはいつ?

歯周病の予防には歯磨きがとても大事です。 この歯磨きですが、タイミングはいつが良いのでしょうか。 これにはバクテリアの存在が関係してきます。 そこで、歯磨きのタイミングは、いつ磨くのが一番効果的なのか …

0412ha

歯周病が原因で別の病気になるって本当?誘発する3つの経路

歯周病が原因で別の病気を誘発します。 歯周病は、ただ単に歯周の病気に終わらないことがわかってきました。 歯周病が原因となって、身体の他の部分の病気が引き起こされるケースがあるのです。 そこで、歯周病が …

kasi5

下肢静脈瘤の治療と手術とは?手術を受けられない場合とは?

下肢静脈瘤になってしまっても、すぐに命を落とすというわけではありません。 しかし、自然に治るものでもありません。 基本、手術をすることになるのですが、早めに治療しておいた方が良いのです。 そこで、下肢 …

hie3

末端冷え性の対策とは?漢方とツボの刺激が有効

末端冷え性になると、日々の日常生活にも支障が出てきてしまいますので、早急に対策をしましょう。 対策をすることで本格的な冷え性になる前に症状を改善してしまいましょう。 そこで末端冷え性の対策にはどのよう …

haburasi3

歯周病予防に関係する歯ブラシの形とデンタルフロスによる歯垢除去率

歯周病を予防するには歯磨きが大きなポイントとなります。 そうなると磨く道具である歯ブラシがとても重要ということになります。 また、あわせてデンタルフロスを使用する効果はとても高いものがあることがわかっ …