健康

下肢静脈瘤の予防で日常気をつけることと妊婦さんが気をつけること

投稿日:

下肢静脈瘤は下肢に血液がたまってしまう病気です。

下肢に血液がたまってしまうとデコボコと血管が浮かんで見た目が悪くなるだけでなく、かゆみが出たり、かきすぎて皮膚炎になったり、色素沈着したりしてしまいます。

難治性潰瘍となって残ることもあります。

こうならないためにも普段から予防する必要があります。そこで、下肢静脈瘤はどのように予防したらよいのかについて紹介します。

また、妊娠中は下肢静脈瘤になりやすいので、妊婦さんが気をつけるべきことについても紹介します。

下肢静脈瘤の予防


下肢静脈瘤になってしまったら、放置していても自然と治るということはありません。

足の血管が浮き出ているとか、血管が目立つようになった気がするとか、皮膚が黒ずんできたような気がするなどの症状が思い当たるようなら、一度病院で診てもらったほうが良いでしょう。

また、下肢静脈瘤のサインとして、足がよくつる、浮腫がなかなか取れない、疲れがたまるなどがあります。

これらは下肢静脈瘤じゃなくてもみられる症状のため、見過ごさないほうがよいでしょう。

下肢静脈瘤は女性に多く、遺伝も関係していますので、母親が下肢静脈瘤の方や自分が下肢静脈瘤で、娘さんがいるのでしたら、早くから予防することを意識しましょう。

下肢静脈瘤を予防しよう 日常で気をつけること


下肢静脈瘤を予防するには、日常で気をつけることがたくさんあります。

スポンサードリンク

まずは、長い間、同じ姿勢でいないことです。

足を伸ばしたり、こまめに足首を回す、座りっぱなしにならないなど足の血液循環を良くしましょう。

また、寝る時には足を心臓より高めにしておくとよいでしょう。

下肢静脈瘤予防の靴下やストッキングなどもありますので、日常的に使用するのも良いでしょう。

食べ物でも気をつけて下肢静脈瘤を予防しましょう。

脂肪分や塩分や砂糖の摂り過ぎないようにして、水分補給を心がけ、ビタミンCとビタミンEの摂取を積極的に行いましょう。

下肢静脈瘤を予防には服装も大事です。

体の血流を妨げたり、締め付ける服は下肢静脈瘤が悪化します。

下肢に血液を溜めてしまう原因にもなりますので、スタイル維持のためと言ってもきついガードルや太もものところで締まるタイプのストッキングは止めましょう。

ウエストをベルトできつく締めることも血流が悪化する原因になるので止めましょう。

下肢静脈瘤を予防しよう 妊娠中


下肢静脈瘤は妊娠中に症状が出る方が多く、妊婦さんの5人に1人の割合でみられます。

なので、妊婦さんになったら下肢静脈瘤を予防するようにしましょう。

寝る体勢を気をつけましょう。

寝る時は、上を向いて寝るよりも左を下にして寝るようにしましょう。

左を下にして寝ると骨盤内で静脈へかかる圧を減らすことが出来るので、おなかの赤ちゃんへの血液循環が良くなるのでオススメです。

スポンサードリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

simoyake2

しもやけの治療法とは?改善方法と予防するための対策

しもやけになると膨れて硬くなったり、痒くなったり。また、熱くなるような感覚を覚えることも。 しもやけは、体質によるものが大きいと言われていますが、皮膚表面の温度と一日の気温差が大きく関係しています。 …

kouketusupli2

高血圧用サプリメントで治療とは?漢方薬でも血圧は下がるの?

高血圧用サプリメントを使うことで高血圧の症状の改善は期待できます。 こういったサプリメントには、血圧を下げる補助をしてくれる効果が期待できる成分が含まれているからです。 では、高血圧用サプリメントで治 …

haburasi1

歯周病と正しい歯磨きの方法と歯磨きはいつがいいの?

歯周病の一番の対策は歯磨きです。 毎日磨いているから大丈夫と安心してはいけません。 正しい歯磨きをしていなければ磨いていても歯周病予防にはならないのです。 そこで、歯周病を防ぐには正しい歯磨きの方法が …

nanchou

補聴器購入で補助金をもらうのと医療控除を受ける方法

補聴器は普通の大きさの声の会話が聞き取りにくくなった方が使うものです。 だから人によって基準が違います。 自分が日常の会話で聞き取りにくいことが多くなったと感じたら使うものというイメージです。 この補 …

Generic

ジェネリックって?勘違いされる意味とジェネリック医薬品の魅力

ジェネリックという言葉を聞くと、みなさんは何を思い浮かべるのでしょうか? 多くの方が医薬品ではないでしょうか? これはテレビコマーシャルなどメディアの影響が大きくて、そう思われている方がとても多いです …